リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告】Instagramアカウントの紐付けの有無で広告配信にどんな影響があるか

先日、Instagram広告の配信をおまかせいただいた際、「Instagramアカウントの紐付けをする、しないで何が変わるのでしょうか?」というご質問をお客様からいただきました。そこで、本日はInstagram広告のアカウントの紐付けの有無で広告配信にどんな影響があるかをまとめていきたいと思います。
※弊社は、ビジネスマネージャーで複数の広告アカウントを管理しているため、広告配信を行うには紐付けの作業が必須となります。

Instagram広告の配信を行うために必要な紐付けとは

そもそもInstagram広告とは、Facebook広告の広告配信サービスの中で、Instagramへ広告を配信することを指します。Facebook広告の機能の一部に、Instagram広告があるようなイメージです。
そのため、Instagram広告の配信を行う際は、まずFacebookページの紐付けが必須となります。逆に、Facebookページの紐付けがされている場合、Instagramアカウントの紐付けがなくともInstagramへの広告配信が可能となります。

上記をみると、Facebookページの紐付けだけで広告配信ができるなら、Instagramアカウントの紐付けはいらないじゃないかと思いますよね。そこで、本日の本題です。

※Facebookページとビジネスマネジャーの紐付け手順がわからない…という方がいらっしゃいましたら、過去に記事を書いておりますのでこちらをご参照ください。

Instagramアカウントの紐付けの有無で何が変わるのか

Instagramアカウントの紐付けがない場合、実際の広告が下記のようになります。

表示されるアイコン、ページ名がFacebookページのものになる

まず、上図の赤枠内に表示されるアイコン画像、及びアカウント名の部分に違いがでてきます。Instagramアカウントの紐付けを行っている場合、Instagramアカウントのアイコン/アカウント名がそのまま表示されるので特に問題はありません。ただし、Instagramアカウントの紐付けを行っていない場合、Facebookページのアイコン/アカウント名が表示されてしまうので注意が必要です。

そのため、Instagramへ広告配信を行うために急遽用意したFacebookページだけの紐付けだけで広告配信を行う場合も、しっかりとアイコン画像、アカウント名を設定しておくことをおすすめします。

アイコンをタップしてもInstagramアカウントに遷移することができない

Instagramアカウントの紐付けを行っている場合、上図赤枠内をユーザーがタップすると、紐付けられているInstagramアカウントへ遷移することができます。ただし、紐付けを行っていない場合、該当箇所をタップしても何も起きません。

メインテキストの部分にInstagramIDがでてこない

Instagramアカウントの紐付けを行っている場合、メインテキストの先頭に該当のInstagramアカウントのアカウントIDが表記されます。もちろん、ユーザーがアカウントIDをタップすることでInstagramアカウントに遷移することができます。しかし、紐付けを行っていない場合はアカウントIDの部分がなくなり、メインテキストのみが表示された状態となります。

結局紐付けはした方がいいのか?しなくてもいいのか?

あくまで個人的な考えですが、Instagramアカウントの紐付けはした方が良いと考えています。
紐付けを行うことの1番のメリットは、ユーザーをそのままInstagramアカウントに遷移させることができることだと思います。ほとんどのユーザーは、広告を見てお店や商品を認知したとしても、別日に改めてそのお店や商品のInstagramアカウントを検索…といった行動にうつることが少ないと思います。
そのため、広告配信を通して「あわよくば、Instagramアカウントのフォロワー数を増やしたい」「Instagramの投稿まで見てもらいたい」などを考えている方は、紐付けを行うことを強くオススメします。

ただし、Instagramアカウントへの遷移は特に必要なく、キャンペーンページにユーザーを誘導したいことが目的の場合に限っては、特に紐付けを行う必要はないかと考えています。ユーザーが広告から最初にInstagramアカウントに遷移してしまい、広告を見失ってしまいキャンペーンページに誘導することができなかったなどの事象が起こる可能性が考えられるからです。
紐付ひとつにおいても、する、あえてしないなど、配信目的に沿って設定を考えることが大切ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本日は、Instagram広告のアカウントの紐付けの有無で広告配信にどんな影響があるかをご紹介しました。個人的にはInstagram広告をするのであれば、アカウントの紐付けまできちんとすることをおすすめしたいのですが、冒頭でご案内したように、Facebookページの紐付けだけでも広告の配信は可能です。お客様の配信目的に沿ったご提案をさせていただきますので、Instagram広告の配信をお考えの方は、ぜひ一度ご相談いただけますと幸いです!

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ