リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【運用者向け】Facebook広告で削除済キャンペーンを参照する方法

こんにちは、運用者の村松です。

Facebook広告で、「終わった配信でいらないと思ってキャンペーンを削除」したり、「キャンペーンの上限数(※上限数のヘルプに関してはコチラ)に達したために仕方なく削除」といった対応をした後に、「やっぱり、あのキャンペーンの配信実績が見たい」とお客様や上司に言われた場合、「削除したから(データが)見られないんじゃないか」と思うかもしれません。

今回の記事では、Facebook広告で削除してしまったキャンペーンのデータを参照する方法をご紹介します。

削除してしまったキャンペーンを参照する方法

デフォルトの状態では、削除済みキャンペーンは表示されていないため、削除したキャンペーンを管理画面上に表示させましょう!

まずは削除済みキャンペーンを表示

1.管理画面左側、「検索とフィルター」をクリック

2.フィルター条件「配信」から、「キャンペーンの配信」をクリック

3.「削除済み」にチェックを入れ、適用する

4.フィルタ完了!削除済みキャンペーンが出現します

実際の数値を確認する場合は?

通常のキャンペーンや広告セットの指標の確認方法と同じく、管理画面右上の項目(下記)であれば、各指標・数値実績を再確認することができます。

  • 配信期間(※)
  • 列をカスタマイズ(パフォーマンス指標)内の指標
  • 内訳

上記で参照できるデータであれば、削除したキャンペーンでも実績を確認することができます。また、レポートに関しても抽出できるため、欲しいデータ列をカスタマイズして数値を参照することも可能です(※配信期間については、無限に遡れるというわけではありません。2021年2月23日より段階的に37ヶ月を超える履歴データを見れなくなってしまいます。詳しくは、こちらのヘルプページをご参照ください)。

注意:編集画面は開けない

削除してしまっているので当たり前かもしれませんが、編集画面が開けなくなっています!そのため、「この方法じゃないと厳密な設定がわからない」というものと、そもそも見ることすらできなくなっている項目もあります。以下にご紹介します。

年齢設定の見方は、パフォーマンス列をカスタムして確認しよう!

1.パフォーマンス列タブから「列をカスタマイズ」を選択

2.設定欄「ターゲット設定」から、年齢(広告セット設定)にチェックを入れる

3.管理画面「広告セット欄」に表示されます

これで、厳密な年齢設定を確認することができます。

参考:「内訳」で年齢を見ようとすると・・・

↓   ↓   ↓

上記のように、媒体側が用意した年齢区分でしか表示されないため、年齢の厳密な設定を知りたい場合はパフォーマンス列から見るようにしましょう!

どうしても見ることができない項目

削除済みキャンペーンを管理画面上に表示し、「列をカスタマイズ」、「内訳」で数値データを参照する方法をご紹介しましたが、詳細ターゲット設定だけは見ることができません(一番確認したいのに)。

おわりに

デフォルトの状態では削除済みキャンペーンが管理画面に表示されていない、といって数値データそのものがなくなってしまったわけではありません。以上の手順で参照できるため、ぜひご参考下さい。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ