リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

2020/07/14

【LINE広告】上半期のアップデート情報 3選


みなさんこんにちは。営業部の高木です。
とうとう2020年も下半期に突入しましたね。
上半期はLINE広告のアップデートが沢山ありましたので、今回は私が特に気になったアップデート情報3選をご紹介させていただきたいと思います。

①Talk Head View(トークヘッドビュー)

こちらは、LINEアプリのトークリスト(トークルームの一覧)上部の枠に1日1社限定で静止画と動画で掲載される広告です。以下、参考画像となります。

引用画像:Talk Head View とは

Talk Head Viewの特徴としては以下となります。

  • 1日で約5,500万人のユーザーにリーチできる
  • ユーザー1人あたりのリーチと広告認知単価は約1.45円
  • 静止画で認知を、動画で理解を促す

Talk Head View が掲載されるトークリストには多くのユーザーが訪れ、1日で5,500万人ものユーザーにリーチでき、15歳~29歳までのユーザーに関しては90%以上にリーチが可能なのでサービスや商品の認知拡大に向いている広告です。ただ、出稿金額については2,000万円~と中小企業ではなかなか出稿が手がでない金額となっております。

Yahoo!でいうブラパネのようですね!トーク画面はLINEを開いたら誰しもが確実に見る場所だと思うので、そこに独占して広告が出せるのはインパクトが大きく、商品認知が目的の場合はもってこいな広告だと思います。

②推定オーディエンスモジュール

こちらは、広告配信前に配信対象となるユーザー数を確認できる機能となっております。
以下のようなターゲット設定を行う際に、どの程度のオーディエンス(広告配信の対象ユーザー)がいるのか管理画面より想定値を確認できる機能となっております。※実数値ではありません。

ターゲットの設定例

  • 地域 (47都道府県別に加え市区町村)
  • 性別 (男性、女性)
  • 年齢 (15歳~49歳まで or 5歳刻み ※14歳以下、50歳以上も設定可)
  • OS   (Android、iOS)
  • 詳細設定 (配偶者や子どもの有無、携帯キャリア、テレビ視聴頻度)
  • 興味・関心 (ファッション、ゲーム、美容・コスメなど18種類のカテゴリー)

以下、参考画像となります。

引用画像:https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20200630/?list=9

ただし、ターゲティングを狭めすぎると、オーディエンスが少なくなりすぎてしまい広告が配信されない可能性がありますので、今回発表された推定オーディエンスモジュールを活用することでリーチ数を予測しながらターゲティングを調整していく必要がありそうです。

ちなみに、推定オーディエンスの表示は5,000万が最大値とのことです。

今までは、この様なオーディエンスモジュールが無かった為、クライアント様よりオーディエンス数の想定値を聞かれた際お答えが難しかったですが、今回のアップデートにより、配信前に想定値を提示することによって、より具体的なご提案ができるようになりましたね。

③地域セグメント

こちらの地域セグメントのアップデートでは、地域に関するターゲティングが今までより柔軟に設定できるようになりました。

今まで都道府県、市区町村レベル等での地域セグメントができましたが、アップデート後は以下のセグメントも新たに設定ができます。

  • この地域に住んでいる人…夜間いる時間が長いエリアで判断
  • この地域で働いている人…日中いる時間が長いエリアで判断
  • この地域に最近いた人…GPSの位置情報で判断

以下、弊社過去記事でもご紹介しておりますので、詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

【LINE広告】化粧品、医薬品のサイト内とクリエイティブの審査注意点まとめ

例えば、商材が塾であれば、この地域に住んでいる人に広告を出稿した方が有効、商材が飲食店であれば、仕事帰りに寄ってもらう為に、この地域で働いている人に広告を出稿した方が有効。など、商材によって使いわけることができますよね。

他媒体でもここまで細かなセグメントはなかなかできないと思うので、このアップデートはとても印象的ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
2020年上半期だけでも様々なアップデートが発表され、ご提案の幅も広がっていきますね。

現在は認知拡大向けの広告が多いですが、今後アップデートされていくにつれ獲得施策向けの広告も出てくるかもしれませんね。
特にSNSでの広告はこれからユーザーの数も注目度も伸びていくと思いますので、下半期も進化していくであろうLINE広告に目が離せません。

引用元ページ
https://www.linebiz.com/jp/service/talk-head-view/

https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20200416/?list=9

https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20200630/?list=9

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ