リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE広告】ターゲット精度を上げる、クロスターゲティングのご紹介


こんにちは、成瀬です。

今年は、新型コロナウイルスの影響で外出をほとんどしていない為、季節の変わり目を感じることなく気づいたら6月でした。例年であれば、4月には桜を見ながらお花見をし、5月になれば初夏を感じながら夏本番に向けてバーベキューや海水浴の予定を立てていますが、今年はというと…

今まで通り、とまではいかなくとも少しずつ「普通の生活」がおくれる様になることを願うばかりです。

さて、本日はリリースされてから少し時間は経っておりますが、LINE広告で可能になった新しいターゲティング方法、クロスターゲティングについてご紹介致します。

そもそもLINE広告って?

皆さんすでにご存知かとは思いますが、簡単におさらいです。今ではほとんどの方がコミュニケーションツールとして使用しているLINE。そのLINEのタイムライン上やLINE NEWS内、更にはLINEマンガなどに表示される広告のことです。LINE広告が登場したのは2016年。4年が経ちますが徐々に配信面も増えており、今後も拡大が想定されています。

※LINE Ads Platform 2019年 1月-3月資料から引用

LINEは日本の人口の65%以上が使用しており、どの年齢層でも幅広く利用されております。

LINE広告を利用する為には、LINE公式アカウントが必要となります。今回ご紹介する「クロスターゲティング」は、簡単に言うとLINE公式アカウントやLINEポイントADに蓄積されたデータを、広告のターゲティングデータとして使用することができます!というものです。下記で詳しく見ていきましょう。

クロスターゲティングとは

従来のLINE広告で可能なターゲットは、年齢/性別/地域に加えて18種類の興味関心セグメントなどからターゲット可能なデモグラフィックターゲティングと、広告主のサイト訪問者やコンバージョンしたユーザーを元にリストを作成しターゲット可能なオーディエンスターゲティングがあります。

クロスターゲティングでは、従来のターゲティング方法とは異なり、LINE公式アカウントやLINEポイントADで取得したデータを使用し配信を行います。

※引用元 LINE for Business

LINE公式アカウントには、友だち追加されたユーザーがメッセージの開封やクリックをしたかなどのアクションデータが蓄積されています。LINEポイントADでは、友だち追加やアプリインストールなどを行ったユーザーなどのデータが蓄積されています。

これらのユーザーアクションデータを元に、ターゲティングを作成することができるため、デモグラフィックターゲティングよりも、正確で確度が高いと思われるユーザーへの配信が可能となります。

クロスターゲティングの活用法

ターゲット精度が上がることで、より細かくユーザーを絞り込むことができます。実際に、クロスターゲティングによって可能になったターゲティングを使用することで、どのようなことができるのかを見ていきましょう。

新規顧客への効率的なリーチ獲得

LINE公式アカウントを友だち追加しているユーザーは、すでに自社のことを認知しているユーザーであると言えます。それらのユーザーへメーセージを配信し、そのメッセージも開封したユーザーを除外して配信を行うことで、未だ認知していないユーザーへの配信が可能となり、新規のキャンペーンや、ブランド認知を狙った訴求が可能となります。

商品理解が深まったユーザーへの効率的な配信

LINEポイントADで使用する動画で、商品の紹介やおすすめポイントをまとめた内容を流します。動画視聴後に友だち追加を行ったユーザーに対して広告を配信することで、すでに商品を認知しているユーザーやサービスについて理解しているユーザーへの訴求が可能となります。

商品を購入する確率が高いユーザーへの効率的な配信

LINEアカウントと自社サービスのID連携を行っているユーザーの中から、購入頻度が高いもしくは、購入金額が多いユーザーをもとに類似ユーザーのリストを作成します。似た属性のユーザーに対してLINE広告でアプローチすることで、より購入確度の高い潜在層へ訴求が可能となります。

 

クロスターゲティングが追加されたことで、今まで出来なかったターゲット方法ができるようになったり、より精度の高いターゲットができるようになりました。LINE広告は、SNS広告の中では提供が開始されてからまだ浅いため、今後追加される機能も多くあると思います。引き続きLINE広告に注目していきたいですね。

以下引用

今後は、LINE公式アカウント・LINEポイントAD以外のサービスでもデータ連携を可能にし、各データの相互利用による広告配信の最適化、効果最大化を進めてまいります。将来的には、より高精度なユーザー属性の分析や位置情報データの活用、サービスを横断したクロスレポーティングなど、機能の拡充と精度改善を行い、オンライン・オフラインを含むすべての接点において、ユーザーのライフタイムバリューを最大化する高度な「クロスプラットフォーム」の実現を目指します。

※引用元 LINE ニュース

まとめ

いかがだったでしょうか。

LINEの各サービスから得られたデータを横断的に活用することができ、ターゲティングの幅がとても広がったように感じます。本記事で述べた活用例以外にも、様々な使い方ができますので、配信の際はどういったユーザーに出したいか目標をしっかり掲げ、出したいユーザーへアプローチすることを心がけましょう。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ