リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Facebook/Instagram広告】リード獲得広告のご紹介


みなさん、こんにちは。

営業部の成瀬です。

Facebook/Instagram広告で配信可能な「リード獲得広告」についてご存知でしょうか。2015年10月からリリースされておりますが、PCページやInstagram上でも配信が可能になるなどのアップデートを重ねて、配信面が増えたことでより使いやすくなりました。そういう経緯もあってか、最近よく聞かれることが増えたので、ご紹介させていただきます。

Facebook/Instagram リード獲得広告とは

リード獲得広告とは、Facebook/Instagramに掲載可能な配信メニューです。任意の質問項目を設定、作成しユーザー情報を集めることができます。通常の広告と同様に、Facebook/Instagramのフィード内に表示されます。

広告をクリックすると、設定した入力フォームがFacebook/Instagram内で表示されるため、サイトへ遷移せずにFacebook/Instagram上でフォーム送信を促すことができます。注意点として、サイトに遷移はしませんが、サイト(リンク先)の審査はございます。ユーザーの名前やメールアドレスなどFacebookに登録してある場合は自動でフォーム入力され、送信ボタンを押すだけで完結する為、ユーザーの手間も省けます。

リード獲得広告の特徴

リード獲得広告の特徴は、自社サイト内にフォームなどがなくても、ユーザーデータを集めることが可能です。

Facebook/Instagram上でフォームを作成する為、新たに入力フォームをサイト内に追加することなく、既存のサイトをリンク先に設定するだけで簡単にモバイルフレンドリーなフォームでの広告配信が可能となります。

フォームが無いサイトですと項目編集に費用もかかると思いますが、リード獲得広告なら簡単に作成でき、フォーム入力完了までのハードルも低い為、チャレンジしやすいのではないでしょうか。多くの見込顧客情報がほしい広告主さまなどリード獲得広告との相性は良いと思います。個人的にはツール紹介や不動産の物件情報の資料をダウンロードさせるなどの利用が良いと感じております。

フォームで設定できる項目

設定できる主な入力項目は以下になります。

※Facebook広告ヘルプページから引用

これらの項目について、ユーザーがFacebookに情報を登録してる場合、自動的にフォーム入力されます。Instagramの場合は、現時点ではメールアドレス、氏名、電話番号、性別のフィールドのみが自動入力されます。また、カスタム項目として、フリーテキスト欄や選択肢などの項目もある為、メールマガジンや資料請求だけでなく、イベントの予約やサービスの登録など幅広い場面で利用が可能です。

入稿規定

リード獲得広告で使用可能な画像、動画の仕様については以下の通りです。画像内のテキスト専有面積が20%以上を占めないようご注意ください。

画像

Facebook

  • 画像サイズ: 1,080 x 1,080ピクセル
  • 画像アスペクト比: 1:1
  • テキスト: 125文字以内
  • 見出し: 25文字以内
  • リンクの説明: 30文字以内
  • ファイルタイプ: .jpgまたは.png

Instagram

  • 画像アスペクト比: 横型(1.91:1)、正方形(1:1)、縦型(4:5)
  • 最小解像度: 600 x 315ピクセル(1.91:1横型) / 600 x 600ピクセル(1:1正方形) / 600 x 750ピクセル(4:5縦型)

動画

Facebook

  • 長さ: 15秒以内
  • アスペクト比: 縦(4:5)
  • テキスト: 125文字以内
  • 見出し: 25文字以内
  • 形式: .mp4コンテナ(moov atomが先頭に配置され、編集リストなしであることが望ましい)

Instagram

  • アスペクト比: 縦(4:5)
  • ファイル形式: .mp4コンテナ(moov atomが先頭に配置され、編集リストなしであることが望ましい)

※Facebook広告ヘルプページ参照

リード獲得広告で得た情報をCRMに連携などもできますが、設定方法などは割愛させて頂きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Facebook/Instagram広告でなかなかコンバージョンが…と思っている広告主さまは一度試してみてはいかがでしょうか。設定項目も広告主さまに合わせて設定が可能ですので、使用方法も幅広く配信しやすいと思います。次回は配信実績などを踏まえて、お伝えできれば良いですね。

 

 

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ