リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebook広告ライブラリとは?使い方は?競合や他社のFacebook・Instagram広告の内容が見れる!

公開日:
更新日:
Facebook広告ライブラリとは?

リスティング広告でもSNS広告でも広告運用をしていると、競合や他社がどんな広告を配信しているのかな?と気になることってありますよね。

検索連動型広告であれば任意のキーワードで検索して広告を見ることもできますが、ディスプレイ広告やSNS広告は見たいタイミングで探したい広告が見つからないものです。

Facebook広告限定ではありますが、そんなときには「Facebook広告ライブラリ」を使って他社の広告を参考にしてみてはいかがでしょうか?

Facebook広告の完全解説はコチラ⇩
Facebook広告とは?広告の費用や特徴、可能なターゲティングなど基本を完全解説

広告ライブラリの概要

広告ライブラリでは、Facebookのアプリやサービスに掲載される広告を、検索・閲覧することができます。誰でも無料で利用することができますが、アルコール飲料やギャンブルなど年齢制限のあるものに関する広告については、Facebookにログインしていない人や制限年齢未満の人には広告クリエイティブが表示されません。この制限は、利用者が自己申告した年齢に基づいて適用されます。

広告ライブラリの使い方

 

広告ライブラリの管理画面

まず、広告ライブラリを開きます。検索窓にFacebookページ名、トピック、組織名などを入力します。例えば、Nike Japan様を検索すると、以下のような検索結果が表示されます。

この時、絞り込み機能で国を指定できるので、他国の広告を探す際はぜひ使ってみて下さい。

 

広告ライブラリ ナイキ

画面左上の「広告主ページ情報」のボタンをクリックすると、下記3点を確認することができます。

  • ページ履歴
  • このページの管理者
  • ページとアカウント情報

広告ライブラリの管理画面

検索結果では、Facebook製品に掲載中のすべてのアクティブな広告を確認できるため、今配信されている広告を確認することができます。本記事執筆時点のNike Japan様の広告では、2022年11月から配信を開始して現時点でもアクティブな広告を確認することができました。

 

広告ライブラリの管理画面

実際に配信されている広告と同じように触る事ができるので、上の画像の上部のカルーセルタイプの広告は画像を左右にスライドすることができますし、「NIKE アプリでチェック」のリンクをクリックするとApp Storeに遷移します。画像右下の広告は、再生ボタンをクリックすると動画を見ることができます。

Facebook広告への活用方法

Facebook広告ライブラリでは、Facebook広告への活用も期待できます!

なるべく秘密にしたい機能ですがなんと、他社が出している広告が、どんなバナーを使って、どの配信面に出ているのかが丸見えなのです!

競合他社が出している広告を研究して、自社の運用に活かすことができる機能が公式で展開されているので、使わない手はないです。

Facebook広告ライブラリ

特にBtoBの企業では競合がどういう広告を使用しているか研究することで、リード獲得広告に役立てたり、他の媒体でも活用できるので、ぜひ広告ライブラリを活用して、自社の配信に活かしていきましょう。

社会問題、選挙または政治に関連する広告について

社会問題、選挙または政治に関連する広告は、広告が最初に表示された日付から7年分のアクティブと非アクティブ両方の広告の結果を確認することができます。

選挙または政治に関連する広告で「広告の詳細を見る」をクリックすると、その広告の詳細情報が表示されます。詳細には以下のような情報が含まれます。

  • アクティブまたは非アクティブ:広告がいつ開始され、現在も掲載中かどうかが表示されます。
  • 非承認通知:広告ライブラリ内の広告がアクティブであったものの、その後非承認となった場合は、広告ライブラリで[非承認]と表示されます。
  • インプレッション数:獲得したインプレッション数。具体的な数字ではなく範囲(例: 1,000~5,000)で表されます。
  • 消化金額:広告に費やした金額。具体的な数字ではなく範囲(例: $1,000~$5,000)で確認できます。
  • 利用者情報(年齢と性別):広告を見た利用者の年齢別および性別構成比(%)が表示されます。
  • 場所:広告が表示された場所に関する情報が表示されます。

facebook広告ライブラリの画面

社会問題、選挙または政治に関連する広告を掲載したことのある広告主については、作成日、名前の変更、管理者の主な居住国などのページについての情報に加え、政治または問題に関連する広告の掲載期間、先週の費用など、広告ライブラリレポートからの情報も確認できます。

※本記事執筆時点では、まだ広告ライブラリレポートで日本を地域として選択することはできません。

まとめ

他社の広告を確認できる広告ライブラリですが、一度見始めると、各ブランドによって訴求やクリエイティブが様々でずっと見ていられるくらい面白いです。広告文やクリエイティブに悩んだ時だけでなく、ちょっとした空き時間に好きなブランドの広告を見るのも楽しいと思います。

参照:広告ライブラリについて

お問合せはこちらから!
https://quartet-communications.com/contact
1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事