リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【SmartNews広告】スマートニュースの運用型広告(Standard Ads)について解説

スマートニュースの広告には、運用型広告(Standard Ads)と予約型広告(Premium Ads)の2種類があります。

運用型広告(Standard Ads)は、運用予算に応じた広告配信ができるメニューで、予約型広告(Premium Ads)は、アプリ全画面や様々なチャンネルのファーストビューに広告配信ができるメニューです。

本記事では、運用型広告(Standard Ads)についてご紹介していきます。

運用型広告(Standard Ads)の特徴

スマートニュースの運用型広告(Standard Ads)は、サイトへの誘導数やアプリインストール数の増加など、広告主のビジネスゴールに合わせて利用できる広告です。

その特徴については、以下のとおりです。

  • 運用目的に合わせた配信ができる
  • 様々なターゲティング設定が可能
  • 運用予算に合わせた配信ができる

それぞれ以下で解説します。

運用目的に合わせた配信ができる

スマートニュース広告では、サイトへの誘導数を増やす、アプリインストール数を増やす、リーチ数を増やすなど、運用目的に合わせて広告配信をすることができます。

様々なターゲティング設定が可能

スマートニュース広告では、年齢・性別、時間帯などの基本的な設定から、ユーザーの興味関心やオーディエンスなど詳細な設定まで、様々なターゲティング設定ができます。

運用予算に合わせた配信ができる

配信の期間はもちろん、1日の予算だけでなく配信期間中の合計予算も設定できるため、広告運用の予算に合わせて広告配信をすることができます。

運用型広告(Standard Ads)の種類

運用型広告(Standard Ads)の種類については、以下のとおりです。

  • インフィード広告
  • 動画広告
  • バナー広告

インフィード広告

インフィード広告では、トップチャンネル含めた各チャンネルのニュースフィード面や記事面に、動画広告やバナー広告を掲載することができます。

動画広告

動画広告では、トップチャンネル含めた各チャンネルのニュースフィード面や記事面に、動画広告を掲載することができます。

バナー広告

バナー広告では、トップチャンネル含めた各チャンネルの記事面に、バナー広告を掲載することができます。

まとめ

今回は、スマートニュースの運用型広告(Standard Ads)についてご紹介しました。 特徴や種類について把握し、ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

お問合せはこちら!
https://quartet-communications.com/contact
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ