リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告の運用にも役立つ機能!「Google Tag Assistant」について

Googleには、サイト上のタグの動作を無料で確認することのできるツール「Google Tag Assintant」があります。

この機能はGoogle広告の運用にも役立ちますので、今回はその「Google Tag Assintant」についてご紹介していきます。

Google Tag Assintantとは

Google Tag Assistantは、サイトに設置されたタグが正確に動作しているかどうか確認できる機能で、Google Chromeの拡張機能で無料で提供されています。

以下URLからダウンロードできますので、ぜひダウンロードください。

Google Tag Assintant

機能としては、自身がタグを設置したサイトだけでなく、任意のサイトにどういったタグが正しく設置されているかを確認することも可能です。

対応するGoogle プロダクトは下記の4つです。

  • Google アナリティクス
  • Google 広告 コンバージョントラッキング
  • Google 広告 リマーケティングタグ
  • Floodlight Google タグマネージャ

次の項でGoogle Tag Assistantの活用例についてご紹介していきます。

Google Tag Assistantの活用例

Google Tag Assistantの活用例として、以下の2つをご紹介します。

  • Google広告のコンバージョンタグやリマーケティングタグなどの各種タグが動いているか確認したい時
  • GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャを導入したばかりの時

それぞれについて以下で解説します。

Google広告のコンバージョンタグやリマーケティングタグなどの各種タグが動いているか確認したい場合

Google Tag Assistantを活用すれば、各種タグが正しく設定できているかを確認できます。

Google広告を運用する際に、コンバージョンタグやリマーケティングタグが正しく設定できていないと、広告による成果の状況を把握することができません。

広告費用の調整や広告の継続などの判断が難しくなるというリスクにもつながりますので、Google Tag Assistantで確認するようにしましょう。

GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャを導入したばかりの時

Google広告をアナリティクスとリンクしたり、Google広告をタグマネージャーで設定する場合にも、Google Tag Assistantは役立ちます。

GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャを導入したばかりの時に「タグの位置を間違えて貼り付けている」等の理由で正しく計測できているかをGoogle Tag Assistantで確認することができます。

まとめ

今回は、Google広告の運用にも役立つGoogle Tag Assistantについてご紹介しました。

ぜひ今後の広告運用にご活用ください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ