リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【TikTok広告】TikTok動画エディターとは?メリットと使用方法を解説

TikTok広告では、動画広告を作成できる「TikTok動画エディター」というツールが用意されています。

TikTok動画エディターでは、オンラインで簡単にTikTokの動画広告を作成することが可能です。

そこで本記事では、TikTok動画エディターについて、メリットや使用方法を分かりやすく解説していきます。

TikTok動画エディターとは

TikTok動画エディターは、オンラインでTikTokの動画広告を作成できる編集ツールです。

TikTokで商用利用が可能な人気の楽曲を選べたり、テキストの追加やトリミング、シーンのカットなどTikTokの要素を使って、自然な動画コンテンツを簡単に作成することができます。

TikTok動画エディターのメリット

TikTok動画エディターのメリットは以下の2つです。

  • 動画素材を自由にカスタマイズできる
  • 編集技術がなくても短時間で動画広告を作成できる

TikTok動画エディターは、直感的に操作ができる仕様になっているため、編集技術に自信がなくても簡単に短時間で動画広告を編集できるというメリットがあります。

また、TikTokならではの楽曲やフォントを使用できるため、質の高い動画広告を作成する事が可能です。

TikTok動画エディターの使用方法

TikTok動画エディターは、広告マネージャーのダッシュボードから利用できます。

使用方法は、以下の4ステップです。

  1. アセットの選択
  2. サウンドトラックの追加
  3. テキストの追加
  4. ポストプロダクション

それぞれについて、以下で詳しく説明します。

アセットの選択

アセットライブラリにある既存の素材または、パソコンから動画や画像をアップロードし、アセットを選択します。

サウンドトラックの追加

音楽のライブラリまたは、オリジナルのサウンドトラックのアップロードできます。
※こちらの音楽ライブラリ内にある楽曲は、著作権で保護されているため、誰でも安心して利用することができます。

テキストの追加

お好みのフォントスタイル、サイズ、色、背景を選択して、ビデオに追加することが可能です。

ポストプロダクション

ポストプロダクションでは、最終調整を行います。

調整できる項目は7つあります。以下の表をご参照ください。

機能名 内容
トランジション 2つのフレーム間にトランジションを追加できる
エフェクト 動画にエフェクト効果を追加できる
オブジェクト
の消しゴム
フレーム内のオブジェクトを削除できる
オーディオトラックの分割 ビデオからオーディオトラックを削除または分割ができる
マルチレイヤー編集 メディアトラックに追加したアセットを任意のサイズや位置に変更できる
トリミング アスペクト比を調整できる(9:16、1:1、16:9)
マスキング TikTokのインターフェイスにより広告のプレビュー表示を確認できる

これらの項目をお好みで設定すれば、動画広告は完成です。

まとめ

今回は、TikTok動画エディターについてご紹介しました。

TikTok広告を運用する際に便利なツールとなりますので、ぜひご活用ください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事