リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Webマーケティングにおける「キラーコンテンツ」とは?4つの活用例を解説

Webマーケティング施策の中でも「コンテンツマーケティング」は、比較的低予算で自社の商品やサービスをアピールできる施策として、近年注目されています。

コンテンツマーケティングの中でも重要な役割をもつのが「キラーコンテンツ」といわれています。 今回は、Webマーケティングにおける「キラーコンテンツ」とはどのようなものか、活用例と合わせてご紹介します。

キラーコンテンツとは特定の分野において大きな影響力を持つコンテンツのことを指します。

Webマーケティングにおける「キラーコンテンツ」とは

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツは、「自社の商品やサービスを売る力を持った魅力的なコンテンツ」となります。

つまり、自社サイトに訪問した見込み客が、自社の商品やサービスを「購入したくなる」「利用したくなる」と感じるような魅力的なコンテンツのことです。

キラーコンテンツの前提は「ユーザーが求める情報」「ユーザーの悩みを解決に導けるか」であるといえます。

あくまでも「自社が伝えたいこと」よりも「ユーザー目線で知りたいこと」を考え、提供するコンテンツが「ユーザー体験の価値を高めることができるか」を意識していきましょう。

そのため、自社の商品やサービスのペルソナを設定し、見込み客や既存顧客を調査、分析を行い、コンテンツを設計することが重要です。

キラーコンテンツの活用例

キラーコンテンツの活用例を4つご紹介します。

・商品やサービス紹介ページ

・導入事例

・お客さまの声や口コミ

・専門家による見解や評価

商品やサービス紹介ページ

商品やサービスを紹介するページは、Webマーケティングにおけるキラーコンテンツの代表例になります。

製品、サービスに求めることや不安に思うことは、人により様々あります。詳細な情報まで載せることで見込み顧客が知りたいことを網羅できるコンテンツ作りをするとよいでしょう。

伝わりやすくするために、動画を活用するのもよいでしょう。実際に使用している様子や使い方を視覚的に説明することができるので、商品やサービスに関して具体的なイメージを持ちやすくなります。

導入事例

商品自体の情報だけではイメージしづらい「商品やサービス購入後の導入事例」を入れておくと、導入イメージを具体化させることができ、購買意欲を高めることが期待できます。

購入企業の業種や規模別、課題別など、様々な場面に合わせた事例が掲載されていると、より具体的なイメージしやすくなるでしょう。

お客さまの声や口コミ

ユーザーが飲食店やECサイトを利用する際に、口コミを重視される方は多い傾向にあります。第三者の声は忖度無しの正直な意見なため説得力があり、安心材料にもなります。

専門家の見解や評価

その業界で有識者とされている専門家にインタビューや寄稿を依頼することも有効です。専門家による見解や評価が加わるとコンテンツの権威性を高めることができ、専門家による客観的な意見が説得力と安心感に繋がります。

まとめ

今回はWebマーケティングにおけるキラーコンテンツについてご紹介しました。

Web上で、実際に商品を手に取ることが出来なくても、サービスの説明を店頭で聞けなくても「自社の商品やサービスを売る力を持った魅力的なコンテンツ」であることがキラーコンテンツの条件です。

本記事でご紹介した具体例を参考にぜひ今後のWebマーケティング活動にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事