リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google Chatとは?使い方はカンタン!特徴について解説

テレワークの普及により、職場のメンバーと顔を合わせることなく仕事をすることが増えてきています。

それぞれの場所からチャットでやり取りができれば効率よく業務を進めることができます。そんな現代の働き方にマッチするのがGoogle Chatです。

Googlechatとは

Google Chatは、「Google Workspace」というGoogleが提供するビジネス向けクラウドツールの一つで、テキストでチャットができる従来のハングアウトの後継ツールになります。

Googleの発表によると、ハングアウトは2021年後半にChatへ移行しサービス終了となるとのことです。

Google Chatの特徴について

Google Chatの特徴について一つずつご紹介します。

多様なデバイスから参加できる

Google Chat はPCやタブレット、スマートフォンからアプリをインストールすれば利用可能です。(PCの場合は、Webブラウザでも可) 例えば、「自宅でテレワーク中にPCから」「出張など出先でスマホから」と、どこからでも連絡を取ることが可能です。

検索機能が充実している

Google Chat は検索機能が充実しています。過去の打ち合わせ内容や議論も、簡単にチャットを追うことができます。

botの導入ができる

Google Chat では Google 製・サードパーティ製のbotを導入することができます。 botによって会話をより効率的に進められます。

他の Google Workspace サービスとの連携

他の Google Workspace サービスと連携しているので、ファイル共有や会議の設定などもチャット上ですぐにできます。

Googlechatの使い方

Google Chatの使い方はとても簡単です。Webブラウザからでもスマホアプリからでも機能は変わりませんので、今回はPCからアクセスした場合を例にご紹介します。

Webブラウザからアクセス

アイコン横のアプリランチャー(画像 青丸)を開き、「チャット」をクリックします。

Google Chatメイン画面

下の画像がGoogle Chatのメイン画面です。

・チャット:1対1もしくは複数人のグループチャットができる
・スペース:チーム専用の会議用チャットを開設できる
・会議:Google Meetのビデオ会議と連携される

Google Chatの各機能について

アップロード(赤枠内 左から二つめ)

PCからファイルのアップロードが可能です。

Google Drive (赤枠内 左から三つめ)

Google Drive のファイルを共有することができます。

Google Meet(赤枠内 左から四つめ)

このボタンからでもGoogle Meet(ビデオ会議)が利用可能です。

Google カレンダー (赤枠内 左から五つめ)

カレンダーを横に開いて予定を確認しながらチャットができ、その場で予定の登録も可能です。

まとめ

今回は、Google Chatについてご紹介しました。

普段の業務で「ドキュメント」や「スプレッドシート」、「ドライブ」などのGoogle Workspaceを活用されていれば、その全てと連携できるGoogle Chatをチャットツールとして活用することで業務効率が上がります。

この機会ぜひ活用してみてください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ