リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

ランディングページ(LP)について概要とメリットを解説

公開日:
更新日:

本記事では、ランディングページ(LP)の概要とWebページとの違いやランディングページのメリットについてを解説します。

ランディングページ(LP)とは

ランディングページ(LP)とは、検索結果やリスティング広告などを経由してサイト訪問者が最初にアクセスするページのことをいいます。

ランディングページ(LP)は「Landing Page」と英語で表記します。「Landing」は着地という意味があり、「サイトに訪問した人がページに着地する」という意味で、名前の由来となっています。

Webページとの違いについて

一般的な意味での違いは、Webページには下層ページが存在し、ページが分岐しているものになります。

一方、ランディングページ(LP)は下層ページは存在せず、1ページ内に必要な情報をすべて網羅しています。「問合せ・資料請求・申込」を促すまでできるように構成されているのがランディングページの特徴です。

ランディングページ(LP)のメリット2点

ランディングページ(LP)のメリットについて、以下2点が挙げられます。

・コンバージョン率が高い傾向がある
・自由なデザイン性の高いページができる

それぞれ解説していきます。

コンバージョン率が高い傾向がある

ランディングページ(LP)の大きなメリットとしては、コンバージョン率が高い傾向があることです。 縦長のLPをイメージしていただくとわかりやすいですが、1ページ内に見込み客に伝えたい魅力を詰め込むため、購入や申込みに繋がりやすいです。

また、Webページのように内部リンク、外部リンクを基本設置しないため離脱が少ない傾向もあります。

自由なデザイン性の高いページができる

基本グローバルナビゲーションメニューを設置しない等による理由でデザインの制限が少ないです。そのため、自由なデザインで高いページが制作可能です。

また基本SEOを意識しないため、テキストではなく画像だけでLPを作ることも多いです。このことも相まって比較的自由にデザインが可能と言われています。

まとめ

ランディングページ(LP)とは、検索結果やリスティング広告などを経由してサイト訪問者が最初にアクセスするページのことをいいます。

この機会にぜひランディングページ(LP)の活用もご検討してみてください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

WEB広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告)・SEO・データ分析・SNS運用など、WEBマーケティングに精通したメンバーが執筆。

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!

同じカテゴリの最近の記事