リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

プロダクトライフサイクルとは?概要とメリットについて解説

今回は、マーケティング戦略を立てる際に有効なプロダクトライフサイクルという理論についてご紹介します。

プロダクトライフサイクルを理解することで、市場における自社の製品の現在値を知ることができ、コストのかけ時や撤退時期が分かるようになります。

プロダクトライフサイクルとは

プロダクトライフサイクルとは、「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つの段階からなる製品・市場の成長パターンを示す理論です。

自社製品を市場に投入して、人気が出ると売上が上昇し、ニーズのある他社製品が投入されると売上が下がり、利益が見込めなくなると市場から撤退することになります。

この一連の流れをグラフでは、S字カーブで描かれます。 自社製品は市場の中で「成長期」なのか「成熟期」にいるのかなどのプロダクトが現在位置している段階を知り、「マーケットは今後どうなっていくのか」未来を予測することで、適切なマーケティング活動ができるようになります。

プロダクトライフサイクルの4つの段階

プロダクトライフサイクルの4つの段階がそれぞれどんな意味を持つかご紹介します。

導入期


製品が市場に投入されたばかりの時期を指します。市場の発達の初期段階です。

成長期

買い手や市場が製品を認知することで、製品が普及する時期です。

成熟期

競合他社や類似商品が登場して、市場が成熟してくる時期です。成熟期では自社の取り分を最大化しようとし始めます。

衰退期

ニーズが少なくなることで、売上が段階的に減る時期です。

プロダクトライフサイクルを活用するメリット

プロダクトライフサイクルを理解することで得られるメリットについて解説していきます。

利益の最大化

プロダクトライフサイクルを活用し、最適なマーケティング戦略ができれば利益の最大化は可能になります。

プロダクトライフサイクルで今後の市場予測をすることで、最適なタイミングで「成長期・成熟期」にしっかりと利益を伸ばす対策ができるでしょう。

コスト削減

投資タイミングである「成長期」、撤退するタイミングである「衰退期」などのプロダクトライフサイクルの特徴を理解していると、コストをかける時期やポイントが見極められます。

市場の特徴や自社の状況に合わせて、広告展開を減らしたり、早めに撤退したりとコスト管理をしていきましょう。

まとめ

プロダクトライフサイクルを理解することで、市場の未来予測も可能になり、自社のマーケティング戦略に有効です。

この機会にぜひ活用してみてください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ