リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

TiktTok広告とは?ターゲット層と親和性のあるサービスについて

今回は今注目されているTiktTok広告についてご紹介します。

結論から言えば配信媒体として活用できるおすすめのSNS広告となっています。狙えるターゲット層、親和性のあるサービスをご紹介していきます。

TikTokとは

TikTok(ティックトック)は150の国と地域で配信され、全世界で30億ダウンロードを達成している、ショートムービー配信のSNSです。

日本では2017年にリリースが開始してから10代の若者層を中心にユーザーが伸びており、2018年から広告を配信できるようになり更に注目を集めています。

TikTok広告の種類

TikTok広告は4種類あります。課金方式や目安費用について以下の表でご確認ください。

運用型広告であれば弊社で配信可能ですのでご要望がございましたらお問い合わせくださいませ。

1000万円ほど費用がかかる大規模なタイプもありますが、運用型広告は少額でも配信できるため中小企業様にも取り入れやすい特徴があります。

他の種類の起動画面広告は、TikTokを起動したときに最初に表示される広告でユーザーから必ず見てもらえるのでアピールポイントが大きいです。

チャレンジ広告に関しては、企業が特定のハッシュタグを指定してキャンペーンを行い、ユーザーからの投稿を促すものになります。実際の事例については次の項目でご紹介しています。

TikTok広告の配信事例

TikTokでは様々なジャンルの動画が投稿されていますが、テーマの一例としてメイクのビフォーアフター動画やファッションの着せ替え動画が人気があります。そのため美容関係やアパレルの広告配信は親和性が高いでしょう。

次から実用衣料品の製造小売を一括して展開するアパレル企業であるユニクロの例をご紹介します。

ユニクロ

ユニクロは2019年に「UT」グローバル・インフルエンサーを募集するキャンペーンをTikTokで実施しました。

キャンペーンハッシュタグは「#UTPlayYourWorld」で、参加条件は、「ユニクロ公式アカウントをフォロー」、「指定の楽曲」、「UTを着用した投稿」、「キャンペーンハッシュタグ」を付けるというものでした。

結果は、世界中で約9.5万人が参加し、約18.5万投稿になり、視聴回数は約3.3億回と日本初のグローバルキャンペーンとして大成功を収めました。
引用元:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/corp/press-release/2019/09/19091315_uttiktok.html

まとめ

今回はTikTok広告についてご紹介しました。
TikTok広告は少額からはじめることができますので、今後たくさんの企業が広告を出稿するようになると想定されます。

もし若者世代をターゲットとしたプロモーションを検討されておりましたら、ぜひTikTok広告の活用を検討してみてください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ