リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE公式アカウントの便利な機能「ステップ配信」について解説

今回は、LINE公式アカウントを活用する上で便利な「ステップ配信」機能についてご紹介します。

LINE公式アカウント「ステップ配信」とは

LINE公式アカウントのステップ配信とは、2021年2月24日に追加された新機能です。

「友だち追加」をきっかけにして、追加してからの日数やユーザーの属性に合わせて、あらかじめ準備したメッセージを、設定したタイミングで自動で配信できる機能です。

例えば、友だち追加したタイミングで「サンクスメッセージ」が配信され、〇日後に友だち限定クーポン、△日後にアンケートを配信などが送ることができます。

LINE公式アカウント「ステップ配信」機能を活用するのメリット

ステップ配信のメリットについてご紹介します。

開封率が高い

LINE公式アカウントのメッセージの開封率は約60%と言わているため、メールでのステップ配信以上にクリック率やWebサイトへの誘導率を高めることができるメリットがあります。

属性に合わせたメッセージの送り分けができる

ステップ配信では、友だち追加からの日数や経路、みなし属性などの詳細条件を設定できるため、友だちの状況や属性に合ったメッセージを送り分けができます。

つまり見込みのあるタイミングで適切なメッセージをユーザーに送ることができるので、集客や購買の促進のほか、ブロック率の低下も期待できます。

自動化で運用の負荷軽減できる

通常のメッセージ配信のように手動ではなく、あらかじめ設定して、自動的にメッセージを配信できるので、運用の負荷を増やすことなく、その分サービス向上に努めることができます。

LINEni公式アカウント「ステップ配信」機能を利用する際の注意点

便利なステップ配信ですが、注意点についてもご紹介します。

「ステップ配信」は課金対象になる

ステップ配信で配信されたメッセージは課金対象としてカウントされるので、コストがかかりすぎないように回数やタイミングを選定して利用するとよいでしょう。

メッセージ通数の上限を超過すると「停止」する

プランごとにメッセージ数の上限がありますが、契約しているプランのメッセージ通数の上限を超過した場合は、ステップ配信は「停止」となりますので注意しましょう。

再開したい場合は、プランを変更するか、メッセージ上限を引き上げて「再開」ボタンをクリックすると、再びステップ配信を利用できるようになります。

LINE公式アカウント「ステップ配信」の活用例

ステップ配信の活用方法について一例をご紹介します。

実店舗(レストラン、サロンなど)の場合

ステップ1.
ステップ配信の配信条件の設定で「外部流入(QRコードなど)」を選択する。ステップ2.
店舗やレジ前の目立つ場所にQRコードを載せたPOPを設置して、LINE公式アカウントへの友だち追加への導線を作る。ステップ3.
店頭のQRコード経由で友だち追加してくれたユーザーにサンクスメッセージを配信(設定)しておく。

ステップ4.
友だち追加から1週間後くらいにクーポン配信、2週間後くらいにキャンペーンの案内など段階的にメッセージを送る。

このように継続的かつ段階的にメッセージを送りユーザーへアプローチすることで再来店してくれる可能性が高くなります。

まとめ

今回はLINE公式アカウントのステップ配信についてご紹介しました。 ステップ配信機能を活用することにより、あらかじめ条件を設定したユーザー向けに自動でメッセージを配信することができます。

配信側の負担を少なくでき、しかも、「来店サンクスメッセージ」や友だち限定クーポンなど付加価値を提供することで、よりリピーターを増やすことも期待できます。

この機会に活用されてみてはいかがでしょうか。

 

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ