リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE公式アカウントでタイムライン?その機能と活用について解説

近年ではLINE公式アカウントを持つ企業が増えてきています。コンテンツマーケティングの一環としてLINE公式アカウントを上手く活用する方法について解説してきます。

LINE公式アカウントのタイムラインの特徴

よく見逃されがちなのがLINE公式アカウントのタイムラインです。タイムラインを活用することでさらに集客が見込める可能性が高くなるのですが、ほとんど機能していない所も少なくありません。

活用すると言っても、タイムラインをどのように役立てるのかイメージしにくいかもしれません。そもそも「メッセージ機能だけでLINE公式アカウントは十分に活用できている」と考えている方も多いと思います。

そこでLINE公式アカウントのタイムラインの特徴をメッセージと比較して解説していきます。

シェアによる拡散性

メッセージ機能と違い、タイムラインの投稿に対して、ユーザーが「いいね」「コメント」「シェア」のアクションができます。

直接ユーザーの反応を確認できるのと、メッセージ機能よりもシェアで拡散しやすくなっています。

利用制限がない

メッセージ機能は1ヶ月ごとのメッセージ数があらかじめ制限されており、1,000通を超える場合は有料プランを設定する必要があります。 タイムライン機能は回数制限がありません。また、投稿した時に通知されるわけではないため、投稿頻度が高くてもブロックされにくく気軽に投稿できます。

課金対象外

メッセージ機能はプラン次第で課金が発生しますが、タイムライン機能は課金対象外となるので無料で投稿することができます。

とはいえ、メッセージの開封率は約60%、タイムラインの閲覧数は約15%と言われています。メッセージ機能に比べて閲覧数は少ないですが、効果的に使い分けることで集客の幅を広げるツールにもなり得ます。

LINE公式アカウントでタイムラインを活用するメリット

ユーザーのコメントに対してリアクションできる

メッセージ機能は一方的な発信になってしまうのに対して、タイムラインの投稿にユーザーがコメントしてくれた際には、返信やいいねスタンプで配信側もリアクションができます。

新規のアカウントに対してもアプローチできる

シェアされた投稿は自動的にユーザーの友人へと拡散されます。つまり、既存のユーザーだけでなく、新規のユーザーにもリーチが可能です。

そのため、タイムラインの投稿では「人に教えたくなるコラボ企画・イベントの案内」「クイズやゲーム感覚で遊べる投稿」のような思わずシェアしたくなる内容にしていくとよいでしょう。

LINE公式アカウントでタイムラインを投稿する手順

LINE公式アカウントでタイムラインを投稿する手順について、PC版とスマホ版それぞれご紹介します。

PC版のタイムライン投稿手順

公式アカウントの管理画面にログイン

https://www.linebiz.com/jp/login/

「タイムライン」タブをクリックして、「作成」を押す

「タイムライン」投稿画面に移ります。

投稿日時設定
投稿日時を設定します。
「今すぐ投稿」と任意の日時に設定できる「日時指定」を選択できます。

次に写真・動画をアップロードし、テキスト入力します。

写真・動画をアップロード
[写真/動画/スタンプ/クーポンURL/リサーチ]の中から選択しコンテンツを投稿します。

テキストを入力
タイムラインに表示するテキストを入力します。10000文字まで、絵文字利用可能です。

 

位置情報の追加
リアルでのイベント開催や実店舗での案内の場合は位置情報を追加しておくとよいでしょう。

最後に一番下の投稿ボタンを押して完了です。

スマホ版のタイムライン投稿手順

LINE公式アカウントのアプリを開く
下のメニューバーの時計マークをクリックすると、タイムライン画面に移ります。

投稿を作成をタップし、投稿を作成
PC版と同じように、上の段でコンテンツのアップロードして、下の段でテキスト入力します。
投稿できるコンテンツも[写真/動画/スタンプ/クーポンURL/リサーチ]とPC版と同様です。

最後に一番下の投稿ボタンを押して完了です。

まとめ

今回はLINE公式アカウントのタイムライン機能の活用についてご紹介しました。

LINE公式アカウントのタイムライン機能はコストをかけずに既存のユーザーとの接点を増やしつつ、新しいユーザー獲得にも使えるツールです。

メッセージ配信と上手く使い分けることで、より集客力アップを期待できます。 簡単に利用することができるのでこの機会に活用されてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ