リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Web広告にかかる費用の課金形式と費用対効果の高い「リスティング広告」

Web広告にかかる費用は以下の形式があります。

  • クリック課金
  • インプレッション課金
  • 期間保証型
  • コンバージョン課金

Web広告は広告経由で問い合わせや商品購入にいくつ繋がったのか、何回見られたのかといった計測が可能なため、得られた効果量に応じて費用を支払う従量課金形式があります。(マス広告では不可能です)

どれを選べばよい。というものはありませんが、これからはじめてWeb広告に取り組まれるのであれば、成果の見積もりがしやすいクリック課金やコンバージョン課金が可能な媒体がおすすめです。

この記事ではWeb広告にかかる費用の課金形式を解説しつつ、一般的にWeb広告の中で最も費用対効果が高いと言われているリスティング広告を紹介します。

Web広告の費用の課金形式

冒頭で紹介した課金形式の詳細を解説します。

クリック課金

広告がクリックされた数に応じて課金される方式です。
クリックにかかる単価(クリック単価)はキーワードの種類によって決まることがほとんどです。

インプレッション課金

広告が表示される度に課金される形式です。一般的に広告が1,000回表示されるごとに課金されます。

期間保証型

3ヶ月で10万円。といったように「これだけ費用を払えばこの期間配信されます。」という配信期間と費用が連動した方式です。

コンバージョン課金

商品購入や問い合わせなど獲得したコンバージョンの数に合わせて課金される方式です。いくらかけたらいくら儲かるといった見積もりがしやすい特徴があります。

費用対効果の高いオススメのWeb広告はリスティング広告!

費用対効果の高い広告媒体をお探しであれば「リスティング広告」がおすすめです。
リスティング広告はGoogleやYahoo!の検索結果に出る広告で、検索されるキーワードに合わせて表示されます。キーワードは選択可能です。

設定次第では問い合わせや商品購入したいユーザーを狙うことが可能。例えば、「りんご 通販」で検索するユーザーを狙うことで、購入直前のユーザーにアプローチができます。

費用対効果の高いWeb広告の代表ですので、Web広告が始めての方、効果の出やすいWeb広告をお探しの方におすすめです。

まとめ

Web広告にかかる費用は以下の形式があります。

  • クリック課金
  • インプレッション課金
  • 期間保証型
  • コンバージョン課金

費用対効果の高い広告をお探しであれば、リスティング広告をぜひご検討ください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ