リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Googleタグマネージャー】トリガーグループの設定と活用法


皆様こんにちは。本日から新年度、フレッシュな気持ちで頑張りたいと考える石田です。

さて、本日は、Googleタグマネージャーにて実装されたトリガータイプである「トリガーグループ」をご紹介いたします。トリガーグループ用いた設定や、活用例も合わせて考えてみましたのでご参考となれば幸いです。

トリガーグループとは

トリガーグループとは、 Googleタグマネージャで利用できるようになった新しいトリガータイプです。グループ内のすべてのトリガーが少なくとも一度は起動されるまでタグは起動せず、複数のトリガーを跨いだ設定が可能になります。

トリガーグループは、2つ以上のトリガーの条件を1つとして評価します。トリガーグループは、選択したすべてのトリガーが少なくとも1回起動された後に起動されます。特定のトリガーのインスタンスを複数追加した場合は、このトリガーグループが起動する前に、対応する回数だけ起動する必要があります。

【参照】タグマネージャーヘルプ:トリガーグループ

トリガーグループで設定されたトリガーが、すべて発火の信号を受け取ることで、関連付けられているタグを起動します。複数の個別トリガーを、AND条件として1つのトリガーとして扱えるようになります。

設定方法

早速ですが、設定方法をご紹介いたします。

①画面左「トリガー」を選択し、②「新規」をクリック

③「トリガーのタイプを選択して設定を開始」をクリック
④トリガーのタイプ-その他内「トリガーグループ」を選択

⑤トリガー項目の「+」をクリックし、対象とするタグを選択し完了

以上で設定は完了です。予め作成したトリガーを組み合わせて利用するためトリガーグループ自体の設定はとても簡単です。(各種個別のトリガー設定は今回は割愛させていただきます。)

活用例

トリガーグループをリスティング広告で活用する場合、どのような設定がありそうか考察してみました。

①スクロール+TELリンククリック

TELボタンタップをコンバージョンとして計測している場合、誤ったタップでのコンバージョンカウントを少なく出来そうな設定です。

ページコンテンツを確認した仮定として「スクロール距離◯%以上」+電話発信を行った仮定として「リンククリック tel: 含む」の両方を満たした場合に発火するトリガーとなります。

②滞在時間+フォーム送信

フォームの送信をコンバージョンとして計測している場合、イタズラ送信でのコンバージョンカウントを少なく出来そうな設定です。

フォーム内容しっかり記入した仮定として「ページ滞在時間○○秒以上」+フォームの送信仮定として「フォームの送信を実施した」の両方を満たした場合に発火するトリガーとなります。

③スクロール+滞在時間

スクロール距離でLP読了をマイクロコンバージョンとして計測している場合、高速スクロールでのコンバージョンカウントを少なく出来そうな設定です。

ページコンテンツを確認した仮定として「スクロール距離◯%以上」+高速スクロールではない仮定として「ページ滞在時間◯秒以上」の両方を満たした場合に発火するトリガーとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

つい先日実装された「トリガーグループ」のトリガー設定。実施できる施策の幅が広がったと思います。設定自体も簡単に実装できる内容になっているため、皆様も一度実施してみてはいかがでしょうか?

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ