リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Googleタグマネージャー】URLが変わらないフォームでのコンバージョン測定方法


こんにちは。最近、目覚ましがなる前に起床することが多くなってきた石田です。昨日は4:44に一度目覚めてしまいました。(4がいっぱいで幸せですね。)今までは、そんな事信じられなかったほどの睡眠選手だったので自分でも驚いています。

さて本日は、Googleタグマネージャーを利用した「ページ遷移のないフォーム」での、コンバージョン設定方法をご紹介いたします。

準備するもの

早速ですが、設定にあたり準備するものは以下となります。

  • Googleタグマネージャーのアカウント&コンテナ
  • ウェブサイトへのGTMタグ設置(対象サイト全てのページに設置でOK)
  • Google・Yahoo!などのコンバージョンタグ

基礎的な、各種媒体でのタグ発行や、サイトへのGTMタグ設置については今回は割愛させて頂きます。 +αで、今回利用する設定に事前に用意するものは以下となります。

  • フォーム送信後に表示されるメッセージ(今回は「ありがとうございます。」)
  • メッセージが表示される箇所の直上id or 直上classの要素(今回は「id:post-ok」)

利用するページによって要素は変化するので、HTMLのソースから該当箇所を頑張って探して下さい。要素の探し方などは、弊社過去記事でご紹介しておりますのでこちらをご確認下さい。

過去記事内紹介のフォーム送信でも計測は可能ですが、送信エラー、入力不備で送信出来ておらず、そのまま離脱でもコンバージョン計上されてしまいます。今回ご紹介する方法では、フォームの動作ではなく、送信後の表示テキストをトリガーとするため、送信された実数に近いコンバージョン計測が出来る手法となります。

Googleタグマネージャーでの設定方法

素材が揃ったら早速設定です。

1、ユーザー定義変数を設定する。

Googleタグマネージャー設定画面上にて、ユーザー定義変数を設定します。

  1. 「変数」を選択
  2. 「ユーザー定義変数の設定」→「新規」を選択
  3. 「ページ要素」の中にある「DOM要素」を選択します

該当の変数は、簡単に言い換えると「ページのどのid,classに属するテキスト要素を読み取るか」といったイメージです。

2、DOM要素でIDを指定(場合によってはclass)

  1. 「選択方法:ID」を選択
  2. 「要素ID:post-ok」と入力し保存

classを利用する場合は、CSSセレクタを選択、該当のclassを「.◯◯」と入力しましょう。

余談ですが、ワードプレスでよく利用されているContact Form 7で作られたフォームの場合、該当のclassが「wpcf7-response-output wpcf7-display-none wpcf7-mail-sent-ok」の様に、スペース区切りで複数存在します。この場合は、最後に記載されているclassを利用するため、実際の設定としては「.wpcf7-mail-sent-ok」を要素セレクタで指定する形になります。

3、トリガーの作成

変数の準備が完了したので、タグ発火の条件となるトリガーを作成します。

  1. 「トリガー」→「新規」を選択
  2. 「トリガーの種類:タイマー」を選択
  3. 「間隔:1,000ミリ秒(1秒)」と入力
  4. 「一部のタイマー:作成した変数(今回はDOM_ID_post-ok)で『ありがとうございます。』を含む」で設定
  5. フォームのあるページを限定しない場合は、PageURLには「/」と入力しておきましょう。

上記の設定では、ページURLに「/」を含んでいる場合に1秒間隔で動作するタイマーをスタート。ページ内の「ID:post-ok」要素内で、「ありがとうございます。」をテキスト要素に含む場合にトリガーを配信する。といった内容になります。

4、タグの関連付け

各媒体で作成したコンバージョンタグとトリガーをひも付けていきます。ここからは所謂「いつものCV設定」と同じですね。

  1. 「タグ」→「新規」→「AdWords コンバージョン トラッキング」を選択
  2. 事前に発行しておいたCVタグより、コンバージョンID&コンバージョンラベルを入力。
    (Yahoo!の場合はカスタムHTMLタグですね。)
  3. 発火トリガーに「フォーム送信完了_1秒」を設定で完了です。
    (トリガー名はみなさんが設定したものになります。)

注意点として、コンバージョンをユニーク計測する場合では追加で以下の設定を行う必要があります。(特にYDNでは)

AdWords、Yahoo!スポンサードサーチでは媒体側でコンバージョン計測のカウント方法を指定できるのですが、YDNでは設定がなく「総コンバージョン」となっています。その影響で、「ありがとうございます。」が表示されてから1秒毎にトリガー発行してしまうと、コンバージョン数1秒毎にカウントされるためキケンな状態です。

  1. 「詳細設定」を展開
  2. 「タグの呼び出しオプション」→「1ページにつき1度」と設定

上記のように設定することで、擬似的なユニーク計測にしましょう。忘れがちですが要注意です。後は忘れずに、Googleタグマネージャーでの公開処理をしてDOM要素とタイマーを使用した設定は完了となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

少し難しい箇所もありますが、これさえ覚えれば大体のお申込みフォームでのCV計測は乗り越えられるかと思います。「フォーム送信してもページ変わらないからクリック計測でいいや」となっていた方は一度お試しいただければ幸いです。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ