リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Facebook】Facebook広告でコンバージョン測定をする方法


皆様はFacebook広告でコンバージョン測定をしていますか?

私も先日設定を行う機会があったのですが、参考となるサイトがなかったり、Yahoo!・Googleのリスティング広告と勝手が違い苦労をしました。
今回は自分の備忘録の意味も込めて、Facebook広告のコンバージョン設定をご紹介します。

Facebook広告のコンバージョン計測について

個人的に驚いたのが、Facebook広告でコンバージョン計測を行う際は、リスティング広告のようにコンバージョンタグで計測を行いません。そもそもコンバージョンタグが存在しません。

では、どのように測定を行うかというと「Facebookピクセル」(以下ピクセル)というタグを使用します。
ピクセルの特徴としては、一つのタグでリマーケティング・コンバージョンタグの両方を兼用しています。

また、Facebook広告のコンバージョンの考え方は、ピクセルのルール設定に当てはまったものをコンバージョンとしてカウントします。
リスティング広告で例えると、リマーケティングでコンバージョンユーザーのリストを作成し、そのリストで計測した数をコンバージョンとしてカウントしていると考えるとイメージがしやすいかと思います。

設定方法

ピクセルの発行

01

ページ上部の『ツール』から「ピクセル」ページへ移動し、「アクション」内「ピクセルコードを表示」を選択。

02

表示された画面内にピクセルコードが表示されますので、コンバージョン計測を行いたいページへ設置。

ここまでがリマーケティングのタグ発行にあたる作業となります。

コンバージョン測定の設定

03

ページ上部の『ツール』から「カスタムコンバージョン」ページへ移動し、「カスタムコンバージョンを作成」をクリック。
表示された画面内の「ルール」で計測ページURL(上例ではthanks)を記述し、「カテゴリ」にて任意の項目を選択し完了です。

こちらが、リマーケティングのリスト作成にあたる作業となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リスティング広告とは少し違ったFacebook広告のコンバージョン計測ですが「Facebook広告のコンバージョン=リマーケティングのコンバージョンユーザーリスト」と考えれば、計測方法や設定についても理解しやすいのではないでしょうか?

私自身当初、コンバージョンタグを探すために管理画面上を探し苦労をしたので、同じ様にFacebook広告でのコンバージョンでお困りの方は是非ご参考下さい。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ