リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Yahoo!SS】アドバンスドURLシステムへの一括移行が可能に!


皆さんこんにちは。谷澤です。

Yahoo!スポンサードサーチにて「アドバンスドURLシステム」の提供が開始されてから約2ヶ月半…、先日6月29日に、従来のURL形式からアドバンスドURLへの「一括移行」の提供が開始しました。

「アドバンスドURLシステム」って何?という方は、以下弊社過去記事をご参照ください。

【Yahoo!スポンサードサーチ】アドバンスドURLシステムとは
【続報】アドバンスドURLシステムのリリースに伴う変更点(重要)

今回は「一括移行」の手順をご紹介します。

「一括移行」しよう!

対象は「広告」「キーワード」「クイックリンクオプション」の3つです。
簡単3ステップで移行可能です!

広告、キーワードを移行する

①移行対象を選択

001-3

移行したいキャンペーンor広告グループを選択します。

②[一括移行]→対象をチェック

002-2

[ダウンロード]ボタンの横にある[一括移行▼]をクリックします。
すると設定画面が表示されるので「広告」「キーワード(※1)」のいずれか、または両方にチェックをいれます。この時、表示URLの編集も可能です(※2)。
※1「キーワード」はカスタムURLを設定しているキーワードが対象となります。
※2 すべて同じ表示URLに編集するため、移行対象に異なる表示URLが含まれていないか注意です。

③[実行]をクリック

004-3

[実行]をクリックすると移行状況一覧ページへ遷移します。
すべて完了となれば移行完了です!
移行が完了しなかった広告がある場合、「一括移行対象外」から一覧をダウンロードできます。

クイックリンクオプションを移行する

①[広告表示オプション]のオプション一覧へ

006

広告表示オプションより[オプション一覧]タブを開きます。

②移行対象を選択→[一括移行]

007-3

移行したいクイックリンクオプションを選択し、[一括移行]をクリックします。

③[実行]をクリック

010

「移行処理を設定する」をクリックすると上図のウィンドウが表示されるので[実行]をクリックします。すると移行状況一覧ページへ遷移するので、完了となれば移行完了です。

入稿内容による移行の違い

広告

広告を対象に一括移行を行うと、元の広告をコピーし、新たな広告が作成されます。

011-3

新しく作成された広告は広告名の先頭に「AU_」と記載されます。そして審査にかけられ、問題がなければ配信されます。この時、元の広告がオンの場合、新しく作成された広告もオンになっているため元の広告を削除、またはオフにする必要があります。
※新しく広告が作成されるため、表示回数やクリック数などのデータは引き継がれません。

キーワード、クイックリンクオプション

キーワード、クイックリンクオプションは、元のキーワード、クイックリンクオプションを編集する形となります。

「一括移行」する前に

移行する前に確認しましょう。

①一つの広告グループ内に移行対象の広告が26件以上ないか

仕様上、一つの広告グループに作成できる広告の上限は50件です。そのため一括移行により一つの広告グループ内の広告が50件を超える場合、移行できません。不要な広告は削除しましょう。

②従来のリンク先URLと表示URLのドメインが同じか

一括移行では従来のリンク先URLを最終リンク先URLへ一括コピーされます。この時、従来のリンク先URLと表示URLのドメインが異なる場合、移行対象外となります。
また、従来のリンク先URLと表示URLのドメインが同じでも、ユーザーが最終的に到達するページのドメインと異なる場合(外部のトラッキングツールを利用しているなど)は一括移行可能ですが、完了後の審査で落ちてしまいます。

③PCサイトとは別に、スマートフォンサイト向けURLがないか

アドバンスドURL形式では、一つの広告に最終リンク先URLと別にスマートフォン向けURLを設定することが可能です。しかし、一括移行ではスマートフォン向けURLの設定はできません。

②や③の場合、今回紹介した「一括移行」機能を利用しての移行ができません。そんな場合は「URL一括編集」や「キャンペーンエディター」を使用することで移行作業が可能なようです。

それらの細かい手順は下記ページに記載されていますので、ご参照ください。

スポンサードサーチ「アドバンスドURLシステム」移行のご案内

まとめ

今回の「一括移行」の機能はアドバンスドURLシステムへの移行期間終了後に削除されてしまうようです。
ちなみに今後の移行期間内の予定は、
・2016年8月末:従来のURL形式での新規入稿を停止
・2016年10月:従来のURL形式での配信を順次停止
となっております。

移行期間が終わる前に早め早めの対応をしていきましょう。

 



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ