リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告】ディスプレイ広告で新たなオーディエンスリストの提供開始

公開日:
更新日:
Yahoo! Audience Discovery

2022年12月14日、Yahoo!広告はディスプレイ広告において、新規オーディエンスリスト(Yahoo! Audience Discovery)の提供を開始しました。

新規リストの発表に伴い、オーディエンスリスト(カスタム)はオーディエンスリスト(Yahoo! Audience Discovery)、またはオーディエンスリスト(顧客データ)に自動移行します。

今回は新サービスとして注目される、Yahoo! Audience Discoveryについてご紹介をいたします。

Yahoo!Audience Discoveryについて

Yahoo! Audience Discoveryは、Yahoo! JAPANのマルチビッグデータから独自のユーザーセグメントを作成し、Yahoo!広告への出稿プランニングやターゲティング配信を行うことができるサービスです。

ただし、Yahoo! Audience Discoveryは一部の基準を満たしたお客様のみご利用できるサービスですのでご注意ください。

※Yahoo! Audience Discoveryを利用できないアカウントでも、Yahoo! Audience Discoveryから公開されたセグメントの受け入れ設定を行うことでオーディエンスリストの作成が可能です。

Yahoo!Audience Discoveryの利用手順

Yahoo! Audience Discoveryのデータを利用する際は、「ブランド連携」と「セグメント公開」を行った上で、リストを作成することができます。

各ステップの手順は以下を参考にしてください。

1.ブランド連携

ブランド連携を行う際は、広告管理ツールで「リンクID」を作成してください。

※リンクIDを作成できるのは、アカウントの管理権限を持つユーザーのみです。

作成したリンクIDをYahoo! Audience Discoveryに入力して、ブランド連携を完了します。

2.セグメント公開

ブランド連携済みのアカウントに対してセグメントを公開します。

操作手順の詳細は、Yahoo! Audience Discovery内で参照可能なマニュアルからご確認ください。

3.オーディエンスリスト作成

公開されたセグメントを指定し、オーディエンスリストを作成します。

オーディエンスリスト作成画面で、公開済みのセグメントを選択することが可能です。

操作手順については、オーディエンスリストの作成を参照してください。

まとめ

Yahoo!ディスプレイ広告の新たなサービス、Yahoo! Audience Discoveryについて解説しました。

今後の動向に注目して頂き、広告運用にお役に立てれば幸いです。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事