リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

YouTube広告のブランドリフト調査とは?

公開日:
更新日:
Google広告 YouTube広告 ブランドリフト調査

Google広告を運用するにあたり、さらなる認知度向上のためYouTube広告の検討・実施を行っている方も多いでしょう。

Google広告では、動画キャンペーンの広告の効果測定方法として「ブランドリフト調査」を用意しています。

ブランドリフト調査は、YouTubeの広告枠内に表示される短いアンケートに回答してもらうことで、広告配信による効果が確認できる方法です。

今回は、YouTube広告のブランドリフト調査についてご紹介します。

ブランドリフト調査とは

ブランドリフト調査とは、Google広告の動画キャンペーンの成果を計測する調査のことです。

特定の期間で配信するYouTube広告のアンケートによって、ユーザーの認知度や購買意欲の向上などにどれくらい影響があったかを測ることができます。

広告に接触したユーザーと接触していないユーザーの比較を行える点が、ブランドリフト調査の大きな特徴とも言えるでしょう。

この調査を通して動画のクリエイティブやターゲティングごとの成果を分析し、次のキャンペーンに向けた改善が可能となります。

ただし、YouTubeのブランドリフト調査はGoogle広告で動画広告を配信していることが前提のため、あらかじめ動画キャンペーンやクリエイティブを準備しておく必要があります。

ブランドリフトにおける調査項目

効率的に動画広告の効果を確認するなら、それに適した調査項目を選ぶことが重要です。

ブランドリフト調査で行える質問は、下記の5つです。

  • 広告想起率
  • 認知度
  • 比較検討
  • 好意度
  • 購入意向

それぞれについて説明します。

広告想起率

最近、動画広告で見たことがあるものを回答します。

動画広告の内容がどのくらいユーザーに浸透しているのかがわかります。

認知度

商品・サービス・ブランドを知っているかを回答します。

ポピュラーな調査項目の一つです。

比較検討

購入を検討するのに値するかどうかを回答します。

好意度

いくつかの選択肢の中から、良い印象を持っているものを回答します。

購入意向

いくつかの選択肢の中から、購入したいものを1つだけ回答します。

まとめ

Google広告 YouTube広告 ブランドリフト調査

今回は、YouTube広告のブランドリフト調査について紹介しました。

動画広告を実施した後は、ユーザーがどのような印象を持ったのかなどを確認することが大切なため、ブランドリフト調査を行うと良いでしょう。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事