リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【YDAアップデート情報】詳細マッチングとコンバージョンAPIの提供開始について

公開日:
更新日:
YDA 詳細マッチング

Yahoo!では、2022年10月5日(水)よりYahoo!広告ディスプレイ広告(YDA)のコンバージョン設定において、詳細マッチングの提供が開始されました。

詳細マッチングの提供開始に伴い、コンバージョンAPIが利用できるようになっています。

本記事では、YDAの詳細マッチングとコンバージョンの詳細マッチング用タグ・コンバージョンAPIを利用する場合についての概要を紹介します。

詳細マッチングの概要

詳細マッチングとは、コンバージョンタグと広告主が持つ顧客情報を連携することで、コンバージョンを測定できる機能のことです。

これにより、コンバージョン数をより正確に把握できるようになります。

たとえば、実店舗への来店歴や購入歴といったコンバージョンを把握でき、リピート購入などの測定に活用可能です。

詳細マッチングで連携できる情報

詳細マッチングで連携できる情報は以下のとおりです。

  • メールアドレス
  • 電話番号

電話番号については、今度アップデート予定ですが、今のところ連携のみでコンバージョンデータの取得は不可となっています。

測定ツールについて

詳細マッチングの利用には、まずコンバージョン測定で詳細マッチングの利用を選択します。

情報の送信はいずれも暗号化が必須となっているため、以下のいずれかの方法で連携が必要です。

  • 広告管理ツールを利用して、コンバージョンタグに項目を追加
  • コンバージョンAPIのご利用

次の項でコンバージョンAPIを利用する場合について紹介します。

コンバージョンAPIを利用する場合

YDA 詳細マッチング

今回のアップデートでは、広告主のサーバーサイドでコンバージョンの計測が可能になる「コンバージョンAPI」の提供を開始されました。

コンバージョンAPIを利用して開発した計測ツールを広告主のサーバーに設置することで、柔軟なコンバージョン測定が可能です。

ただし、利用にはAPIを用いたアプリケーションを開発、運用できる環境が必要ですので、そういった環境がない場合は利用できないという注意点があります。

また、コンバージョンAPIを利用する場合は、以下のYahoo!JapanデベロッパーネットワークよりClient IDを取得する必要があります。 https://e.developer.yahoo.co.jp/register

まとめ

今回は、YDAのアップデート情報として、詳細マッチングの概要をご紹介しました。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事