リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告アップデート情報】マイアドセンターの提供について

公開日:
更新日:
Google広告 マイアドセンター

Googleでは2022年10月22日、広告に使用される情報をユーザー自身が管理することができるマイアドセンターの提供を、世界中で開始したことを発表しました。

本記事では、Googleマイアドセンターの概要について解説します。

マイアドセンターとは?

マイアドセンターとは、ユーザー自身が広告体験をコントロールしたり、好きなブランドをフォローしたりするできる新しいプライバシーツールです。

広告表示のオン/オフは簡単です。

ユーザーがGoogleにログインすると表示された広告から直接マイアドセンターにアクセスできます。

そこからユーザーが好みの企業やサービス、気になるトピックに関する広告を多く表示させたり、興味のない広告は制限することが可能です。

Googleの発表内容について

Googleのユーザープライバシートラスト担当プロダクトマネージャーのKarin Hennessy氏によると、「Googleのサイトやアプリでの活動から得られる総合的な推定をユーザーがコントロールできるようにしていなかった」と説明しています。

今回のマイアドセンターの提供により、それらの問題が改善され、ユーザーがコントロールできるようになりました。

これは、よりユーザーエクスペリエンスを向上させるためのアップデートといえるでしょう。

表示を制限できるトピックについて

マイアドセンターでは、センシティブな広告カテゴリーを拒否する意思を示すこともできるようになっています。

たとえば、以下のトピックに関連する広告表示を制限することが可能です。

  • アルコール
  • 出会い系
  • ダイエット
  • ギャンブル
  • 妊娠
  • 育児

プライバシーを優先した広告管理について

Googleでは、プライバシーに関する基本原則に従い、収集する情報と収集しない情報を決定しています。

これは、マイアドセンターにおいても同様です。

プライバシーを優先した広告管理について、Googleでは以下のように発表してます。

  1. 個人情報を他者に販売することはしない
  2. Googleのアプリ(※)に保存されたコンテンツを広告のために使用しない
  3. センシティブな情報をパーソナライズド広告にすることはしない

※Gmail、Googleフォト、Googleドライブなど

まとめ

今回は、Googleが提供を開始したばかりのマイアドセンターについて紹介しました。 今後の広告運用に、ぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事