リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Googleリスティング広告】一般キャンペーンと指名キャンペーンの違い

Googleリスティング広告 一般キャンペーンと指名キャンペーン

Googleでリスティング広告を掲載する場合、「一般キャンペーン」と「指名キャンペーン」の2種類から選択するのが一般的です。

リスティング広告で高い効果を出すには、これらの違いについてしっかり把握しておくことが重要になります。

今回は、一般キャンペーンと指名キャンペーン、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

一般キャンペーンとは

一般キャンペーンは、一般的なキーワードをまとめたキャンペーンです。

一般キーワードとは、例えば「引っ越し」「引っ越し業者 おすすめ」などの言葉を指します。

特定の商品や企業、サービスに目的が定まっていないユーザーは、このようなキーワードを使って検索することが多いでしょう。

一般キャンペーンで広告を出すと、一般キーワードによって自社に関係する露出が増加し、潜在層に検討してもらえる可能性が高まります。

また、一般キーワードから検索するユーザーが指名キーワードに流れることもあり、後述の指名キャンペーンと併用すればコンバージョンが最大限になる点もメリットです。

一方、一般キャンペーンは他の企業も利用するため、競合性や入札単価が高まる傾向があります。

大きなキーワードで設定すると他社の広告が掲載される場合もあり、キーワードの選定には注意が必要です。

指名キャンペーンとは

指名キャンペーンは、指名キーワードをまとめたキャンペーンになります。

指名キーワードとは、自社の会社名やサービス名などの固有名詞のことです。

指名キーワードから検索するユーザーは、会社やサービス内容を知った上で検索してくる場合がほとんどのため、初めから購買意欲が高いと言えます。

このような顕在層にリスティング広告を届けることができれば、コンバージョンにつながる確率も高くなるでしょう。

検索画面の上部に表示されるリスティング広告ですが、指名キャンペーンによって検索結果の占有面積を大きく確保できるため、ユーザーの検索行動が簡略化されます。

資料請求や申し込みなどを強化したい場合は、指名キャンペーンの利用によって高い効果が期待できます。

メリットが大きい指名キャンペーンですが、その一方、意図しない目的で企業名やサービス名が検索されてしまい、無駄にクリック数が増えるといったデメリットもあります。

例えば、会社で起きたトラブルや問題が報道された場合、検索する人も増加する可能性があります。

このような時は、除外キーワードの設定や指名キーワードの出稿を止めるなどの対策が必要です。

まとめ

Googleリスティング広告 一般キャンペーンと指名キャンペーン

今回は、Googleリスティング広告の一般キャンペーンと指名キャンペーン、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。

一般キャンペーンと指名キャンペーンでは、配信できるキーワードが異なります。

認知度向上に注力したい場合は一般キャンペーンが適切ですが、すでに認知がある段階でコンバージョンを増やす場合は指名キャンペーンが有効です。

アプローチしたい層によって、注力するキャンペーンを使い分けると良いでしょう。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事