リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【ニュース】Google、ディスプレイ&ビデオ360でのDOOH広告(デジタル屋外広告)配信を可能に

ディスプレイ&ビデオ360

Googleは2022年8月25日、DOOH広告(デジタル屋外広告)がディスプレイ&ビデオ360で配信可能となったことを発表しました。

これにより、プログラマティック技術の効率を利用した、移動中の人々へのリーチが可能になります。

今回は、Googleが発表したディスプレイ&ビデオ360でのDOOH広告(デジタル屋外広告)についてご紹介します。

ディスプレイ&ビデオ360のDOOH広告の特徴

DOOH広告(デジタル屋外広告)は、従来の広告媒体に最高のデジタル技術をもたらすオプションとして高い人気があります。

ディスプレイ&ビデオ360のDOOH広告を使用すると、従来の屋外広告の魅力的なフォーマットと他のデジタルチャネルの効率性を組み合わせることが可能です。

1つのプランであらゆる形状やサイズの画面が利用でき、迅速にユーザーに届けられる点もメリットになります。

また、ディスプレイ&ビデオ360のDOOH広告は、空港やスタジアム、バス停、ショッピングセンター、エレベーター、タクシーなど、公共の場所にあるスクリーンも対象のため、多くの人の目に留まりやすくなるのが特徴です。

例えば、あるカフェがランチタイムにおいて、ビジネス街のデジタルビルボードに広告を掲載すれば、ビジネスパーソンの目に留まりやすくなります。さらに同じビルボードを使って、近くの会場でのライブ公演をPRすることも可能です。

今回発表された機能の主な特徴は以下になります。

  • 複数バージョンのメッセージの掲載や場所、時間帯の指定ができる
  • ほぼリアルタイムで有効化・一時停止・最適化が可能
  • 広告には個人の識別子やユーザーの位置情報を一切使用しないため、パーソナライズされない
  • デジタルビルボードの設置場所などのコンテキスト情報に基づいたリーチが可能

事例の一つとして、小売企業の「ASOS」はディスプレイ&ビデオ360を使用し、地図UIでロンドンやニューヨークの人通りの多い場所でのデジタルビルボードを選択することでブランド認知度やブランド検討率を増加させました。

 

DOOHは日本でも参入している企業が多いため、Googleの参入によってさまざまな変化が起こるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、Googleが発表したディスプレイ&ビデオ360でのDOOH広告(デジタル屋外広告)についてご紹介しました。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事