リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE広告】画像クリックオーディエンスの特徴と使い方を解説

LINE広告には、広告上のアクションに基づいたオーディエンスリストを作成できる「画像クリックオーディエンス」という機能があります。

本記事では、LINE広告の画像クリックオーディエンスについてご紹介していきます。

画像クリックオーディエンスの特徴

画像クリックオーディエンスとは、LINE上で表示される広告画像をクリックした人を対象としたオーディエンスリストを作成できる機能のことです。

Webサイトへの訪問履歴だけではなく、広告でのアクションを活かしたオーディエンスリストを作成できるという特徴があります。

広告画像をクリックしたユーザーは、広告で取り上げている商品やサービスに興味を持っている可能性が高いといえますので、画像をクリックした人のオーディエンスリストをターゲティングに利用することも可能です。

自社の商品やサービスに興味がある見込み客に対してアプローチができるというメリットもあります。

画像クリックオーディエンスに含まれるアクションは、以下の通りです。

  • 画像やテキスト
  • アクションボタン
  • クリック

画像へのクリックだけでなく、広告に対してのクリックアクションがすべて含まれます。

画像クリックオーディエンスの設定手順について

画像クリックオーディエンスの設定は、以下の手順で行います。

  1. 「広告アカウント」タブから、画像クリックオーディエンスを作成したい広告アカウント名をクリック
  2. 広告マネージャー画面左上のメニュー「≡」をクリック
  3. 「共通ライブラリ」の「オーディエンス」をクリック
  4. オーディエンス一覧ページへ
  5. 「+オーディエンス作成」をクリック
  6. プルダウンから「画像クリックオーディエンス」を選択
  7. 必要事項を入力
  8. 「保存」をクリック

画像クリックオーディエンスの必要事項(設定手順5)の内容は、以下をご参考になさってください。

引用元:LINE for Business

  • オーディエンス名・・・120字以内
  • キャンペーンID・・・キャンペーン選択は1つのみ
  • 有効期間・・・1日~180日まで
  • 次の人を含む・・・画像をクリックした人のみ

まとめ

今回は、LINE広告の画像クリックオーディエンスについて特徴と設定手順についてご紹介しました。

配信している広告について、ユーザーのアクションに基づいてオーディエンスリストが作成できるため、その後のコンバージョンアップにもつながります。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ