リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】アセットライブラリとは?特徴とメリットを解説

Googleでは、2022年7月22日に新機能追加の発表をしました。

本記事では、その中でも、広告の作成に必要なすべてのアセットを一元化できる「アセットライブラリ」についてご紹介していきます。

アセットライブラリの特徴

アセットライブラリは、Google 広告のアカウント単位で広告の作成時にアカウント内のキャンペーンで使用した画像や動画などのアセットを一元化し管理できる機能です。

今回、Google広告アカウントの管理画面にアセットライブラリが新しく追加されたことにより、そのアカウントのユーザーだけでなく、キャンペーン管理にGoogle広告エディタを使っているユーザーにも提供されるようになりました。

アセットライブラリは現在、

  • アプリ
  • ディスカバリー
  • ディスプレイ
  • ローカル
  • P-MAXの各キャンペーン
  • 一部の広告エクステンション

で利用可能です。

また、近日中にGoogleドライブのアカウントから直接Google広告に画像や動画を取り込むことが可能になります。

アセットライブラリのメリット

アセットライブラリのメリットは以下の3つです。

  • 全てのアセットを一カ所に集約できる
  • 効率良く管理・整理ができる
  • アップロードと再利用が簡単にできる

以下でそれぞれ解説していきます。

全てのアセットを一カ所に集約できる

アセット ライブラリにアップロードされた広告に使用した画像や動画といったアセットは、全て 1 か所に集約されます。

そのため、広告キャンペーンの作成時に必要な情報にアクセスできます。

効率良く管理・整理ができる

アセット ライブラリ内のすべてのアセットは、名前、タイプ、コンテンツなどで簡単に検索することが可能です。

また、必要に応じてフォルダやサブフォルダに分類したり、名前を付け並べ替えもできるため整理しやすく、効率よく管理できます。

アップロードと再利用が簡単にできる

アセットライブラリでは、フローティング アクションボタンを1回クリックするだけで、現在または将来のキャンペーンで使用するアセットをアップロードすることができます。

また、アセットを様々な広告に再利用する際に、都度アップロードする必要がないため、スムーズに操作できます。

まとめ

今回は、Google広告のアセットライブラリについてご紹介しました。

アセットが一元的に管理できるようになることで、広告やキャンペーンをより早く作成したり、変更が必要なときにコンテンツを簡単に交換したりすることが可能になります。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ