リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【ニュース】Googleが「Ads Creative Studio」の正式リリースを発表

Googleは、2022年7月14日、クリエイターがより効果的な広告を大規模に作成できるツール「Ads Creative Studio」の正式リリースを発表しました。

Ads Creative Studioは、ディスプレイ・動画広告の作成とカスタマイズ、効率的なワークフローを支援する機能を搭載しています。

本記事では、GoogleのAds Creative Studioについて、特徴などをご紹介します。

GoogleがAds Creative Studioを正式リリース

ユーザーは自身の興味関心と類似性のある広告を好む傾向があります。よって関連性の高いカスタマイズされた広告から得られる効果は高いものだと言えるでしょう。

カスタマイズされた広告で関連性を高めることは、マーケティングにおいて重要な事項の一つです。

また、メディアチームとクリエイティブチームがより簡単に、同じ速度で作業できるよう、効率化も必要になるでしょう。

Ads Creative Studioは、これらを解決する新しいツールです。主な2つの特徴を挙げてみます。

ディスプレイ広告&動画広告の作成・カスタマイズが可能

Ads Creative Studioでは、ユーザーは1つのディスプレイ広告や動画広告に対し、数百ものバージョンを作成することができるようになりました。

具体的には、商品画像、スーパーインポーズされたテキスト、サウンドなど広告クリエイティブのどの要素を「スワップ可能」に設定するかを指示するだけで、作成した一連のルールに基づいてその要素のさまざまなバージョンを提供します。

ルールには、リーチしたいオーディエンスや、一致させたいコンテクストが含まれます。

たとえば、ユーザーがキャンプのギアに関心を持つ場合、寒い場所または暑い場所どちらでのキャンプを求めているかに基づいて動画クリエイティブのテキストオーバーレイを変更するルールが作成できます。

また、さまざまなターゲット、ロケーション、言語、コンテクストに合わせた広告にカスタマイズが可能です。

これらの機能は現在、動画クリエイティブで利用可能ですが、近日中にディスプレイクリエイティブでも開始される予定です。

ワークフローを効率的にする機能

Ads Creative Studioには、ブランドや広告代理店、制作会社などとコラボレーションを行い、時間やコストの削減を実現する機能も備えられています。

ユーザーはAds Creative Studioで作成したプロジェクトを、Google広告、ディスプレイ&ビデオ360、キャンペーンマネージャー360といった、Googleのすべてのメディアプラットフォームで共有可能です。

Ads Creative Studioのアセットライブラリからリンク先のアカウントのGoogle広告のアセットライブラリに画像をエクスポートできるため、大変利便性に優れています。

まとめ

今回は、正式リリースされたばかりのAds Creative Studioについてご紹介しました。

ディスプレイ広告や動画広告の作成・カスタマイズを支援する機能はもちろん、チーム同士がシームレスに動ける機能も備わっているため、利用価値の高いツールだと言えます。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

お問合せはこちら!
https://quartet-communications.com/contact
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ