リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Googleショッピング広告の掲載も可能!「Googleマーチャントセンター」とは?

Googleでは、オンラインショップや実店舗の商品の管理、Googleショッピング広告への掲載ができる「Googleマーチャントセンター」が提供されています。

Googleマーチャントセンターを活用することで、より多くのユーザーにアプローチしやすくなります。
本記事ではGoogleマーチャントセンターについて解説します。

Googleマーチャントセンターの特徴

Googleマーチャントセンターは、オンラインショップや実店舗の自社商品の情報を登録することで、在庫情報が管理でき、広告掲載もできるサービスです。

在庫情報の管理以外ですと、登録商品の販売結果なども分析が可能です。そのため販売促進や改善にも活用できます。

また、必要なデータをGoogleに登録することで、以下の場所に自社商品の広告を掲載、分析することができます。

  • Googleショッピングタブの無料枠(無料リスティング)
  • Googleショッピング広告
  • 動的リマーケティング広告

それぞれ、以下で詳しく解説していきます。

無料リスティング

Googleマーチャントセンターに商品データを登録すると、無料リスティングへの掲載ができるようになります。

無料リスティングを利用することで、Googleの検索結果上部に表示される「ショッピングタグ」と呼ばれるスペースの無料枠に、商品情報を掲載することができます。

Googleショッピング広告

Googleマーチャントセンターに商品情報を登録することでGoogleショッピング広告への掲載ができるようになります。

ショッピング広告は Google ショッピングタブ内に掲載することができる広告枠のことで、Googleショッピングの上段に表示されるため、ユーザーの目にも止まりやすく購入率が高いのがメリットです。

Googleマーチャントセンターのデータフィードで指定した商品属性に基づいて、広告表示されるため、見込み度の高いユーザーへリーチすることができます。

動的リマーケティング広告

Googleディスプレイ広告で動的リマーケティングを行う場合にもGoogleマーチャントセンターを活用します。

Google動的リマーケティング広告とは、ユーザーの興味関心や行動履歴に基づいて配信される広告で、ある商品を見たユーザーに対して、類似商品の情報を配信することができるものです。

動的リマーケティング広告においても、Googleマーチャントセンターのフィードを使用して、ユーザーが過去にサイトで閲覧した商品を表示する仕組みになっています。

そのため、ユーザーの好みや興味関心に近い商品をバナーにすることができるので、高いコストパフォーマンスが期待できます。

まとめ

今回は、Googleマーチャントセンターについてご紹介しました。

Googleマーチャントセンターは、自社商品の管理だけでなく、広告運用にも活用することができます。今後の広告運用にぜひお役立てください。

お問合せはこちら!
https://quartet-communications.com/contact
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ