リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告最新情報】スクリプトテンプレートをリリースへ

公開日:
更新日:

Googleでは、2022年6月30日にGoogle広告においてスクリプトテンプレートをリリースすると発表しました。

本記事では、スクリプトテンプレートについてご紹介していきます。

スクリプトテンプレートの概要

スクリプトテンプレートでは、これまでのGoogle広告スクリプトをゼロから作成するのではなく、テンプレートのリストから選択し、広告主のアカウントに合うようにカスタマイズして編集できるようになります。

たとえば、レポートを定期的にGoogleスプレッドシートに出力したり、条件にもとづいて入札金額を更新するといった効率化につながる処理を自分で作ることが可能です。

スクリプトのテンプレートにアクセス手順は、以下のとおりです 。

  1. スクリプトページを開き、プラス(+)ボタンをクリック
  2. 「テンプレートから開始」をクリック
  3. テンプレートを選び、「カスタマイズ」をクリック

スクリプト編集画面にテンプレートの内容が表示され、カスタマイズ編集ができるようになります。

テンプレートの種類について

画像引用元:Google広告デベロッパブログ

スクリプトテンプレートの種類と概要については以下の表をご覧ください。

項目 テンプレート 概要
アラート アカウントの変動検出機能 アカウントのパフォーマンスデータが大幅に変化した時にメールで通知される
リンクチェッカー 広告のURLとキーワードにエラーが発生していないか確認できる
レポート アカウントの概要 Google広告アカウントのパフォーマンスについてレポートを生成できる
広告の掲載結果 広告の掲載結果を示す分布図の確認ができるGoogleスプレッドシートを生成できる
ツール 柔軟な予算 独自の予算配分スキームを使用して、キャンペーンの予算を日単位で動的に調整できる
共通除外リスト 除外条件の管理を簡略化できる

まとめ

今回は、Google広告のスクリプトテンプレートについてご紹介しました。

一からスクリプトを作成することなくテンプレートから必要なものを選択し、カスタマイズできるようになるため、今後の広告運用の効率化が期待できそうです。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事