リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】アカウントが強制停止されてしまったときの原因と対処について

今回は、Google広告アカウントが強制停止されてしまったときの原因と対処法をご紹介していきます。

Google広告アカウントが強制停止されるとどうなる?

まず、Google広告が強制停止されると、アカウント内に通知が表示されるほか、メールでも通知が送信されます。

強制停止に伴うデメリットは以下の通りです。

  • 広告の掲載ができない
  • 新規アカウント作成が不可
  • 関連するアカウントも強制停止になる可能性がある

万が一、広告アカウントが強制停止になってしまった場合、広告が出稿できなくなるほか、新しくアカウントを作成することもできません。

また、強制停止中のアカウントと同じメールアドレスや支払い方法を使用しているアカウント、同じMCCアカウントにリンクされているものも強制停止される場合があります。

Google広告アカウント強制停止として考えられる原因とは?

Google広告アカウントが強制停止される原因は以下の通りです。

  • Google広告ポリシーの違反している
  • Googleアカウントの年齢制限に違反している
  • Google Ad Grants のポリシーに違反している

この他、支払いに関する問題や許可していないユーザーからの不正アクセスが検出された場合にも強制停止されるケースがあります。

参考:Google広告ヘルプ|Google 広告アカウントの強制停止について

Google広告アカウントが強制停止されたときの対処について

アカウントが強制停止されたときには、大まかに次の流れで対処していきましょう。

  1. 原因の特定
  2. 違反箇所の修正
  3. 再審査の申請

それぞれの対処方法について、以下で解説してきます。

原因の特定

支払いがされていない場合は、基本的に支払いが完了したタイミングでアカウントが再開されることがほとんどです。

しかし、ポリシー違反のコンテンツによる強制停止の場合は、まずはコンテンツの何が違反しているのかを検証する必要があります。

違反箇所の修正

違反箇所が特定できたら、その部分を修正します。 どこが違反箇所なのかが不明の場合は、Googleのサポート窓口に問い合わせて確認することも可能です。

再審査の申請

修正の完了後、Google広告ヘルプページ上の「利用規約違反によるアカウントの強制停止」フォームで申請します。

3~5 営業日以内に強制停止の解除、もしくはGoogleのサポートチームから返答が届きます。

まとめ

今回はGoogle広告アカウントが強制停止になってしまったときの原因と対処法についてご紹介しました。

広告アカウントの強制停止は起きてはほしくないことですが、万が一の時にあらかじめ知っておくことで慌てずに対応できるものです。 本記事が事前対策のご参考となれば幸いです。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ