リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告アップデート情報】カスタマーマッチ自動追加へ

今回は、Google広告のアップデート情報をお伝えします。

Googleの広告アカウントに登録しているカスタマーマッチが、スマート自動入札または最適化されたターゲティングのシグナルに自動で追加されるようになります。

本記事では、アップデートの概要をご紹介していきます。

アップデートの概要

カスタマーマッチとは、広告主が持つ独自の顧客データを活用し、商品やサービスを購入した顧客の情報などの顧客データに基づいたオーディエンスリストを作成し、ユーザーに広告配信を行う機能です。

これまでカスタマーマッチは、キャンペーンに手動で設定することで、スマート自動入札と最適化されたターゲティングを利用できましたが、今回のアップデートにより、広告アカウント内のすべてのカスタマーマッチ リストがターゲティングのシグナルに自動的に組み込まれることになります。

導入時期について

カスタマー マッチのリストが組み込まれるタイミングは、2022年4月~12月にかけて段階的に導入されます。

詳細については以下の表をご確認ください。

広告キャンペーンのタイプ 導入の予定時期
動画 2022 年第 2 四半期(4月~6月)
ファインド 2022 年第 3 四半期(7月~9月)
P-MAX 2022 年第 3 四半期(7月~9月)
検索 2022 年第 4 四半期(10月~12月)
ショッピング 2022 年第 4 四半期(10月~12月)

上記のカスタマー マッチのリストが組み込まれる時期はあくまでも予定になりますが、現在使用しているカスタマーマッチの内容を更新したい場合は早めに対応しておくとよいでしょう。

参考:Google広告ヘルプ|カスタマーマッチご利用ガイド

自動追加を希望しない場合

カスタマーマッチのリストの自動追加を希望しない場合は、以下の手順で無効にできます。

  1. 左側のページメニューの [設定]から[アカウント設定] を選択
  2. [カスタマー マッチ] で [スマート自動入札または最適化されたターゲティングですべてのカスタマー マッチ リストを使用する] チェックボックスをオフ

無効の設定は、既に手動で設定したキャンペーンと紐づけているカスタマーマッチには影響しません。

まとめ

今回は、Google広告のアップデート情報として、カスタマーマッチの自動追加についてご紹介しました。

サードパーティのCookie規制による影響を考えると、ターティングの精度を保つためには、広告主が持つ独自の顧客データを活用できるカスタマーマッチ リストは重要性は高くなっていくでしょう。

正しいデータが反映できるよう、現在未使用のカスタマーマッチのリストは削除するなど、顧客データを最新の状態に更新しておくことをおすすめします。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ