リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Yahoo!広告最新ニュース|レスポンシブ検索広告の機能追加と拡大テキスト広告の入稿終了へ

今回はYahoo!広告の最新ニュースをお伝えします。

Yahoo!広告は、2022年6月にレスポンシブ検索広告において二つの機能を追加予定です。また、拡大テキスト広告の新規入稿が終了します。

本記事では、その概要をご紹介します。

概要

Yahoo!広告の最新ニュースの概要は以下のとおりです。

  • レスポンシブ検索広告において「アドカスタマイザー」と「アセットごとのレポート」を提供開始
  • 拡大テキスト広告の新規入稿が終了へ

Yahoo!広告のリリースノートから発表されている実施予定日については、以下の表をご確認ください。

アドカスタマイザーとアセットごとのレポート提供 2022年6月22日
拡大テキスト広告の入稿終了 2022年9月28日

※日程は変更になる場合があります。
参考:Yahoo!広告リリースノート

それぞれの詳細については次の項で解説します。

アドカスタマイザーについて

アドカスタマイザーとは広告のアセット(タイトル、説明文)に、事前に登録した文字列や数値を自動で挿入できる機能のことです。

これまでは、レスポンシブ検索広告で利用できなかった「アドカスタマイザー」の機能が使えるようになることで、キーワードや地域に応じて広告文を動的に変更したり、セールなどの終了日時までのカウントダウンを広告文で表示させることが可能になります。

アセットごとのレポートについて

パフォーマンスレポートおよび広告管理ツールのアセット詳細画面で、レスポンシブ検索広告で入稿したアセット(タイトル、説明文)ごとの実績を確認できるようになります。

確認できる指標は以下の2つです。

  • インプレッション数
  • 掲載評価

掲載評価とは1つの広告の中でアセット同士を相対的に評価した指標のことで、評価は「最良」「良好」「低」で表示されます。

拡大テキスト広告の新規入稿が終了へ

2022年9月28日に、拡大テキスト広告の新規入稿が終了し、その後はレスポンシブ検索広告のみが作成可能になります。

ただし、拡大テキスト広告という機能自体がなくなるわけではありません。

アップデート以前に入稿した拡大テキスト広告は、引き続き配信することができ、配信のオン・オフの切り替えも可能です。

また、パフォーマンスレポートや統計情報で実績値の確認も引き続き行うことができます。

まとめ

今回は、Yahoo!広告の最新ニュースをご紹介しました。

レスポンシブ検索広告においても使用できるようになるアドスタマイザーや、アセットごとのレポートを上手くご活用いただき、今後の広告活動にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事