リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

[Yahoo!広告最新ニュース]ディプレイ広告(運用型)リンク先URL形式の提供終了に向けた対応について

Yahoo!広告では、2022年10月末に迫った、リンク先URL形式の提供終了に伴い6月15日~9月上旬にかけて強制変換が実施されます。

本記事ではその概要をご紹介していきます。

概要

ディスプレイ広告(運用型)ではリンク先URL形式の提供終了に向けて、リンク先URL形式(旧形式)の広告の強制変換が実施され、最終リンク先URL形式(新形式)の広告に変換されます。

対象は、2021年1月以降にインプレッションが1以上発生したアカウント配下の、リンク先URL形式の広告です。

強制変換のスケジュールは以下の通りです。

アカウント内にドメインが一致している広告しかない場合 6/15~6月末
アカウント内にドメインが一致していない広告が一つでもある場合 7月上旬~9月上旬

広告に設定されたURLのドメインが一致しているかどうかの確認方法は以下を参考にしてみてください。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|ディスプレイ広告(運用型)のよくある質問

強制変換時にエラーとなった広告について

強制変換時にエラーとなった広告は、リンク先URL形式(旧形式)での配信が継続されます。

強制変換でエラーとなった広告は、修正可能期間中に広告主もしくは運用担当者自身で最終リンク先URL形式(新形式)に移行することで 広告配信を継続できます。

実施内容について(カルーセル広告以外)

アカウントに登録された広告ごとに実施内容が異なりますので、それぞれ以下でご紹介します。

リンク先URLと表示URLのドメインが一致している広告の場合

リンク先URL(旧形式)が最終リンク先URL(新形式)に変換され、表示URLは変換された最終リンク先URLから自動生成されます。

リンク先URLと表示URLのドメインが一致していない広告の場合

リンク先URLがトラッキングURLに設定されるか、広告主のWebサイトのクロールを実施した上で実際の遷移先を最終リンク先URL(新形式)に設定されます。

表示URLは最終リンク先URLから自動生成されます。

まとめ

今回は、Yahoo!広告のディスプレイ広告(運用型)リンク先URL形式(旧形式)の提供終了に伴い、最終リンク先URL形式(新形式)への強制変換実施についてご紹介しました。

状況により広告が配信停止となる場合も考えられますので、事前に強制変換のスケジュールを把握し、必要な作業を確認おいてください。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事