リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

[Google広告最新ニュース]レスポンシブディスプレイ広告が縦長にも対応へ

Googleの広告のVP兼ゼネラルマネージャーであるジェリー・ディスクラー氏は、同社ブログThink with Googleにおいて、5月25日(日本時間)に開催されるGoogle Marketing Liveイベントで新製品のイノベーションを発表するとしています。

中でも、レスポンシブディスプレイ広告(RDA)の改良について、具体的に言及しています。 本記事では、Google広告のレスポンシブディスプレイ広告(RDA)のアップデートについて今後予定されている機能の概要をいち早くご紹介します。

参考:Think with Google

概要

レスポンシブディスプレイ広告(RDA)は、アップロードされたアセット(画像、広告見出し、ロゴ、動画、説明文)を組み合わせて自動的に広告が生成され、ウェブサイト、アプリ、YouTube、Gmailに掲載できる広告です。

2022年後半には、このレスポンシブディスプレイ広告は、モバイルファーストの新しいレイアウトになり、あらゆる縦長の画像や動画アセットに対応できるようになります。 そのため、フルスクリーンのモバイル広告を展開することも可能です。

具体的には、数枚の画像、動画、見出しをアップロードするだけで、視覚的に印象的な広告の組み合わせを自動的に作成、テストし、何百万もの広告配置の可能性に合わせて広告の組み合わせを自動的に作成します。

Googleのテストによれば、静的ディスプレイ広告の広告グループにレスポンシブディスプレイ広告を追加した場合、「広告主は平均で2倍のコンバージョンを獲得している」としています。

さらに、Googleの機械学習が、商品広告の画像の切り抜きなどの最適化を実現するとのことです。

まとめ

Googleでは、レスポンシブディスプレイ広告の改良について、利用可能なスペースに合わせてシームレスに拡大できるため、商品を際立たせることができるとしており、今後の広告主の業務効率化を実現にも貢献できると説明しています。

お問合せはこちら!
https://quartet-communications.com/contact
1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事