リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告】オーディエンスカテゴリーとは?

Yahoo!ディスプレイ広告(YDA)では、用意されたカテゴリーを選択することでターゲットにアプローチできるオーディエンスカテゴリーという機能が提供されています。

本記事では、オーディエンスカテゴリーについてご紹介していきます。

オーディエンスカテゴリーとはどんな機能?

オーディエンスカテゴリーは、Yahoo!のユーザーのデータから興味・関心、属性、ライフイベントごとに分類されたユーザー層に対して広告配信するターゲティング機能のことです。

カテゴリータイプ

オーディエンスカテゴリーには、以下の3つのカテゴリータイプがあります。

  • 興味関心
  • 購買意向
  • 属性・ライフイベント

それぞれ以下でご紹介していきます

興味関心

自社の商品やサービスに関連する特定のカテゴリーに興味を持つユーザーに対して、広告配信します。

潜在顧客の集客、ブランド認知を目的とする際に有効なカテゴリータイプです。

購買意向

購買意向カテゴリーでは、興味関心よりも一歩進んだ顕在層へのアプローチが可能です。

たとえば、 商品の検索やカートに入れるなどの購買検討を行っているユーザー、 旅行や結婚の計画を立てているユーザー などに対して広告を配信します。

属性・ライフイベント

ユーザーの家族構成や年収、学歴や仕事など属性や、結婚などのライフイベントを控えているユーザーにた対して広告配信をします。

自社のターゲット層の絞り込みが明確である場合やライフイベントに合わせた商品やサービスがある場合に特に有効なカテゴリータイプです。

特に属性・ライフイベントはYahoo!特有のカテゴリーになります。
かなり詳細に細分化されていますので、Yahoo!広告ヘルプに掲載の「オーディエンスカテゴリーの一覧」をご参照ください。

参照:Yahoo!広告ヘルプ |オーディエンスカテゴリーの一覧

まとめ

今回は、Yahoo!広告のオーディエンスカテゴリーについてご紹介しました。

オーディエンスカテゴリーでは、自社の商品やサービスがターゲットとする層に対して、細分化されたカテゴリーからターゲティングを行うことができます。

潜在顧客に対してもアプローチ可能ですので、集客や認知拡大にも有効です。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ