リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Youtubeのインタラクティブ動画広告とは?

近年の動画関連市場の拡大に伴い、YouTubeの動画広告はコンバージョンを目的に多くの広告主で利用されるようになってきています。

コンバージョンを目的とする場合には、ユーザーに動画を視聴してもらうだけではなく、広告の目標に合わせて、アクションを起こしてもらうことが必要になります。

そこで有効なのが、Youtubeのインタラクティブ動画広告です。

本記事では、インタラクティブ動画広告についてご紹介します。

インタラクティブ動画広告の特徴と機能

インタラクティブ動画広告は、Youtubeを視聴するユーザーが動画の初めや途中に配信される広告に対して、アプリのインストールや商品の購入、Webサイトへのアクセスなどを促進することを目的に提供されている機能です。

インタラクティブ動画広告で利用できる機能は以下の通りです。

  • カード
  • YouTube終了画面
  • 行動を促すフレーズのボタン
  • 自動終了画面
  • ショッピング カード

それぞれ以下で解説します。

カード

カードでは、商品やサービスの特長を動画で紹介できます。 他の動画または再生リストを宣伝し、チャンネルへのエンゲージメントを生み出すことが期待できます。

注: 広告主様によっては、利用できない場合があります。

YouTube終了画面

YouTube終了画面は、ブランドに対するエンゲージメントを高めるための終了画面を手動で作成し、 YouTube動画に追加可能です。

注: 広告主様によっては、利用できない場合があります。

行動を促すフレーズのボタン

行動を促すフレーズのボタンで、ユーザーに広告をクリックしてウェブサイトにアクセスするように促すことが可能です。

自動終了画面

アプリのインストールなどのユーザーのアクションを促す画面を自動的に生成して動画広告の最後に表示できます。

ショッピング カード

リンクされているMerchant Centerアカウントの商品情報を表示できます。ユーザーがすでに閲覧したことのある商品や視聴中の動画に関連する商品に誘導します。

まとめ

今回は、YouTubeの動画広告で活用できるインタラクティブ動画広告についてご紹介しました。

Youtubeを視聴するユーザーに対して、エンゲージメントを高めることが期待できるインタラクティブ機能をぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ