リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告】アドカスタマイザーとは?機能と注意点について

Yahoo!広告では、あらかじめ登録した文字列や数値などのデータを、広告のタイトルや説明文に自動的に追加できるアドカスタマイザーという機能があります。

本記事では、アドカスタマイザーの機能と注意点についてをご紹介していきます。

アドカスタマイザーとは

アドカスタマイザーとは、広告のタイトルや本文に、事前に登録した文字列や数値などのデータを自動的に追加できる機能です。

最終リンク先URLを除くテキスト広告内で利用することができ、データ自動挿入リストで作成した文字列や数値などを広告に生成することが可能になります。

アドカスタマイザーは、広告の対象となる商品が数百種類以上ある場合に特に効果を発揮します。

たとえば、数百種類ある商品に対し、商品種類ごとの広告グループの広告文を作成する工数は非常に多くなってしまいます。

しかし、アドカスタマイザーを利用することで、広告を直接編集することなく、データ自動挿入リストを適宜更新することで、更新内容を正確に広告テキストへ反映することができ、運用工数の大幅な削減を期待できます。

入稿手順

アドカスタマイザーの利用には、ファイルをインポートできる入稿支援ツール「キャンペーンエディター」の使用が必須です。

キャンペーンエディターを利用し、入稿する手順は以下のとおりです。

  1. データ自動挿入リストの作成
  2. 作成したリストのインポート
  3. 挿入用広告の作成

アドカスタマイザーを利用する際の注意点

アドカスタマイザーを利用する際の注意点は、以下の2点です。

  • 広告グループに最低1つ以上、アドカスタマイザーを利用していない通常の広告を含める
  • 文字数制限を越えるとデータ挿入用の広告が表示されない

アドカスタマイザーでは、広告グループに最低1つ以上は、通常の広告が掲載可能な状態で設定されている必要があります。

それは、データ挿入後に表示される広告がレギュレーション違反になった場合に、何も表示されないケースを防止するです。

また、文字数制限にも気をつけましょう。管理画面に表示される広告が実際に表示されるものでないため、データ挿入用の広告が表示できないケースもあります。

文字数を把握したり、データに利用できない文字列が含まれないようにするといった事前の調整が重要です。

まとめ

今回は、Yahoo!広告のアドカスタマイザーについてご紹介しました。自社が取り扱う商品のラインナップが多いなど、常に大量の広告を入稿している場合には特にオススメの機能になります。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事