リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告】検索広告最新アップデート情報|「広告の品質」と「広告インデックス」への要素追加について

Yahoo!では、2022年2月28日付けで、Yahoo! 検索広告での品質に関する以下の2つの要素の追加することを発表しました。

本記事では、Yahoo!広告の最新アップデート情報の概要をお伝えします。

Yahoo!検索広告 最新アップデートの概要

Yahoo!検索広告でアップデートされる内容は以下の2つです。

  • 広告の品質の決定要素の追加
  • 品質インデックスの機能改善

それぞれ以下で解説します。

「広告の品質の決定要素の追加」について

検索広告「広告の品質決定要素」の6項目に、今後「ランディングページの利便性」が追加されます。(実施予定:2022年3月末から順次)

広告の品質決定要素とは・・・
インターネットユーザーに対する広告の有用性や利便性を評価したもの

広告の品質の具体的な数値の確認できませんが、「品質インデックス」や「パフォーマンスレポート」を確認することで、ランディングページの利便性が平均よりも上か下かを把握することができます。

「インデックスの機能改善」について

上記の「広告の品質決定要素」の項目追加に先んじて、2022年3月16日より、「品質インデックス」では、以下の2つの項目が追加されました。

  • ランディングページの利便性
  • 広告の関連性
品質インデックスとは・・
広告の品質を10段階で評価する指標のこと。 キーワードごとに確認できる。

品質インデックスでは、広告の品質を改善するために必要な参考値を確認できます。

また、従来は、パフォーマンスレポートのキーワードレポートで推定クリック値と推定クリック値の履歴のみ確認が可能でしたが、 今回のアップデートにより、「ランディングページの利便性」と「広告の関連性」の履歴についての評価も確認できるようになっています。

まとめ

 

Yahoo!検索広告の最新アップデートの概要をご紹介しました。

今回のアップデートでは、「品質インデックス」を構成する要素がより詳細に確認できるようになったため、広告の品質を改善すべき点がより正確に把握できるようになりました。 ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ