リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】P-MAXキャンペーンの特徴と注意点を解説

Googleは、2022年内にGoogle広告のスマートショッピングキャンペーンとローカルキャンペーンについて、P-MAXキャンペーンに段階的に統合していくと発表しています。

そこで本記事では、Google広告のP-MAXキャンペーンについて特徴や注意点をご紹介していきます。

P-MAXキャンペーンとは

P-MAXキャンペーンは、1つのキャンペーンでGoogleの全ての広告枠に広告を配信できるサービスです。

配信できるGoogleの広告枠とは、

  • Google検索
  • Googleショッピング
  • Googleディスプレイ
  • YouTube
  • Discover
  • Gmail
  • Googleマップ

などになります。

これまでも、スマートショッピングキャンペーンやファインドキャンペーンのように複数の広告枠に配信できるサービスはありましたが、1つのキャンペーンで全ての広告枠に配信できるのは、P-MAXキャンペーンの大きな特徴です。

また、P-MAXキャンペーンでは、キーワードやオーディエンス設定によるターゲティングは不要です。 以下の3つの設定をしておけば、すぐに配信を開始できます。

  • コンバージョン目標
  • 予算
  • アセット(テキスト見出し、画像、動画など)

配信する際の注意点

P-MAXキャンペーンで広告配信する際の注意点として、主に以下の2つが挙げられます。

  • 既存キャンペーンとの併用を推奨されている
  • ショッピング広告枠で配信する場合、既存のキャンペーンの配信が縮小する可能性がある

それぞれ以下で解説します。

既存キャンペーンとの併用を推奨されている

Google広告ヘルプによると、既存で配信しているキャンペーンがある場合はそのまま継続し、P-MAXキャンペーンと併用が推奨されています。

通常のキーワード ベースの検索キャンペーンとの併用に最適で、1 つのキャンペーンで Google が持つ広告チャネルと広告枠をすべて活用し、自動化によりコンバージョン数と獲得価値を高めることができます。 引用元:Google広告ヘルプ 

ショッピング広告枠で配信する場合、既存のキャンペーンの配信が縮小する可能性がある

P-MAXキャンペーンでショッピング枠を配信する場合、既存のショッピング広告のキャンペーンの配信が縮小する可能性があります。

それは、同じGoogle広告アカウントで同じ商品を掲載している既存のショッピング キャンペーンよりもP-MAXキャンペーンが優先されるためです。

まとめ

今回は、Google広告のP-MAXキャンペーンについて、特徴と注意点についてご紹介しました。

現状では、既存キャンペーンの補完という面が強くありますが、将来的にP-MAXキャンペーンがGoogle広告の主要なサービスとなる可能性も考えられます。

この機会に既存のキャンペーンと併用して活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ