リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】最新アップデート情報|広告表示オプションの強化について

今回は、Google広告の最新アップデート情報をお伝えします。 Googleでは、広告表示オプションのアップデートを発表しました。

アップデートされる広告表示オプションの機能は3月中旬から利用可能になります。

本記事では今回のアップデートの概要をご紹介していきます。

アップデートの概要

今回アップデートされた広告表示オプションの機能は以下の3点です。

  1. 通常の広告表示オプションと広告表示オプション(自動)を同時に表示できる
  2. より下層の設定が優先されるルールから、上位の単位も表示されるようになる
  3. 広告表示オプション(自動)の個別のパフォーマンスの確認・停止・追加ができる

それぞれ以下で解説します。

通常の広告表示オプションと広告表示オプション(自動)を同時に表示できる

広告表示オプション(自動)を有効にしておくことで、「パフォーマンスの向上につながると見込める場合」に、手動で設定していた通常の広告表示オプションと同時に表示できるようになります。

対象となる広告表示オプションは以下の3つです。

  • サイトリンク
  • コールアウト
  • 構造化スニペット

より下層の設定が優先されるルールから、上位の単位も表示されるようになる

端的に言えば、広告グループで設定した広告表示オプションだけでなく、アカウントやキャンペーン単位で設定したものでも表示されるようになります。

このアップデートにより、最適な広告表示オプションが機械学習機能により選択されやすくなるため、広告効果の向上を期待できます。ただしこちらもパフォーマンスの向上につながるとシステムが判断した場合のみです。

対象となる広告表示オプションは以下の3つです。

  • サイトリンク
  • 構造化スニペット
  • コールアウト

広告表示オプション(自動)の個別のパフォーマンスの確認・停止・追加ができる

レポートを個別に確認できるようになり、自動の広告表示オプションの管理がより簡単にできるようになります。

どの広告表示オプション(自動)が広告に表示されているかの確認については、今後数週間内に、[広告表示オプション] ページの表に「自動的に作成された」表示オプションとして表示されるようになるようです。

まとめ

今回はGoogle広告の最新アップデート情報「広告表示オプションの強化」についてご紹介しました。

広告ランク改善にとって重要な広告オプションですが、それ以上に大きなメリットはユーザーに多くの情報を提供できるという点です。

ただし一方で、管理の対象が多いと業務の負担が増えるケースも多々ありますが、今回のアップデートでは、広告表示オプションは使い勝手が向上し、細かい管理が可能になります。

これまで広告表示オプションを利用していなかった場合も、この機会にぜひご活用してみてください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ