リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】ローカル検索広告とは?特徴とメリットを解説

近年、Googleマップを対象とした地図エンジンにおいて最適化を図るMEO対策が注目されています。

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、Googleマップを対象とした地図エンジンにおいて最適化を図ることを指します。

そのMEO対策とマッチする広告配信手法が、Googleマップに広告を掲載できる「ローカル検索広告」です。

本記事ではローカル検索広告の特徴とメリットをご紹介していきます。

ローカル検索広告とは

ローカル検索広告とは、お店や会社などのビジネス拠点をGoogle マップやGoogleの検索エンジンに表示することで、ユーザーへ来店や電話による問い合わせを促すことができる広告手法です。

ユーザーが Google検索やGoogle マップなどで近隣の店舗(「近くにあるコーヒー ショップ」など)を検索した際に、ビジネス拠点をローカル検索広告として表示することができます。

Google検索広告で住所表示オプションを設定していれば、自動的にローカル検索広告は配信されます。ローカル検索広告だけ配信することはできませんのでご注意ください。

Googleビジネスプロフィールとローカル検索広告の違い

ローカル検索広告と相性のいいGoogleサービスが、「Googleビジネスプロフィール」です。両者は同じものと混同されやすいですが、明確な違いはあります。

Googleビジネスプロフィールとは、Googleサービス上でお店や会社などのビジネス情報を「管理するサービス」のことです。

対して、ローカル検索広告は、地域のユーザーに適切なタイミングでアプローチができる広告配信の「手法」を指します。

Googleビジネスプロフィールとは・・・

Google検索やGoogleマップなど、Google サービス上にビジネスや組織などの情報を無料で管理できるサービスのこと

ローカル検索広告のメリット

ローカル検索広告を活用するメリットは、以下の3つです。

  • 能動的なユーザーの来店数が増えることが期待できる
  • 見込顧客となるようなユーザーから直接アクションされやすくなる
  • データ量の増加による詳細な分析が可能になる

それぞれのメリットについて、以下で解説します。

能動的なユーザーの来店数の増加が期待できる

「地域名×業種名」などのお店や会社への距離に応じて広告を表示することができるため、より効果的にアプローチが可能です。

そのため、能動的なユーザーの来店数が増えることが期待できます。

見込顧客となるようなユーザーから直接アクションされやすくなる

近隣にいるユーザーからの流入が見込めるため、ビジネスプロフィールで[営業時間や住所、口コミ、写真]などの詳細情報を掲載しておけば、ユーザーからメールや電話で直接問い合わせがくる可能性が高くなります。

データ量が増えるため詳細な分析が可能に

ローカル検索広告を活用することで、以下の計測が可能です。

  • 店舗への電話の回数
  • Google Mapsでのルート検索の回数
  • ウェブサイトへの訪問回数

など、ローカル検索広告により、来店ベースでの分析できるようになります。

まとめ

今回は、ローカル検索広告について特徴とメリットをご紹介しました。

MEO対策に最適な広告配信手法となりますので、この機会にぜひご活用ください。

 

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ