リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】リードフォーム表示オプションとは?特徴とメリットを解説

Google広告では、検索広告の広告文の下にフォームを表示することができる「リードフォーム表示オプション」が用意されています。

このリードフォーム表示オプションを利用することで、さらなるリード獲得が期待できます。

そこで今回は、Google広告のリードフォーム表示オプションについて、特徴とメリットを解説します。

リードフォーム表示オプションの特徴

リードフォーム表示オプションとは、検索広告の広告文の下にフォームを表示することで、ユーザーがサイトへアクセスすることなく、「お問い合わせ」や「資料のダウンロード」などをすることができる機能です。

すでに検索広告を配信をしている広告アカウントであれば、広告表示オプションの設定の設定を行えば、すぐに利用できます。

設定方法について

リードフォーム表示オプションは、Google 広告の管理画面から設定する可能です。

手順を以下でご説明します。

  1. [ 広告と広告表示オプション]から[+]ボタン、[ リードフォーム表示オプション ] をクリック
  2. [追加先] でリードフォーム表示オプションを適用したいキャンペーンを選択
  3. [行動を促すフレーズ]を入力
  4. [表示オプションテキスト]を入力 ※半角30文字(全角15文字)以内で入力
  5. [広告見出し]を入力 ※半角30文字(全角15文字)以内で入力
  6. [ビジネスの名前]を入力 ※半角25文字(全角12文字)以内で入力
  7. [説明]を入力 ※半角200文字(全角100文字)以内で入力
  8. [どのような情報を要求しますか?]の項目で、ユーザーに記入してほしい項目を1つ以上最大4つまでを設定
  9. [プライバシーポリシーのURL]で、サイトのプライバシー ポリシーページに直接移動するURLを設定

また、リードフォームの背景画像の推奨サイズは、[1200×628(アスペクト比 1.91:1)]になります。

リードフォーム表示オプションの入力は自動

リードフォーム表示オプションは、ユーザーがGoogleアカウントにログインしている状態であれば、1回タップするだけで登録している連絡先情報をフォームに自動で入力できる仕様になっています。

名前や連絡先を入力するのはユーザーからすると手間ですので、これが省けることで利便性が上がり、リードの増加に期待できます。

問い合わせを1件でも増やしたい!と考えている方はぜひ導入してみてください。

まとめ

今回は、Google広告のリードフォーム表示オプションについて、特徴とメリットをご紹介しました。 ぜひ今後の広告配信にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事