リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告】ディスプレイ広告(運用型)3つの魅力をご紹介

今回は、Yahoo!広告のディスプレイ広告(運用型)の魅力を3つに絞り解説していきます。

この記事を読むことでディスプレイ広告(運用型)を活用する上でのポイントやメリットが分かるようになります。 ぜひ今後の広告運用のご参考になさってください。

ディスプレイ広告(運用型)の3つの魅力

ディスプレイ広告(運用型)の魅力は以下の3つです。

  • 検索広告との同時運用でユーザーの広告接触機会が上がる
  • 多彩なターゲティングが可能
  • 低コストではじめられる

それぞれ以下で解説していきます。

検索広告との同時運用でユーザーの広告接触機会が上がる

ディスプレイ広告(運用型)はYahoo! JAPANのトップページや広告の掲載枠があるWEBサイトに、画像や動画付きで表示できるのが特徴です。広告作成時に広告タイプを選択することで、テキストや画像、動画を使ったさまざまな種類の広告を作成できます。

また、ディスプレイ広告(運用型)は、潜在顧客も含めて幅広い層にアプローチできるのが強みです。 一方で、検索結果ページに広告を表示する検索広告は「今検索している」成約につながる可能性が高い顕在層ユーザーにアプローチできる強みがあります。

つまり、検索広告とディスプレイ広告(運用型)を同時運用することで、今まで接触していなかった新規層への幅広いアプローチが可能です。

見込み客にステップアップする潜在顧客アプローチできる同時運用で、広告効果のアップにつなげていくとよいでしょう。

多彩なターゲティングが可能

多彩なターゲティングができることも、ディスプレイ広告(運用型)の大きな魅力になります。

広告を配信する曜日・時間帯、デバイスの他にも、「広告を配信するユーザー」や「広告を配信するコンテンツ」でのターゲティングもできます。

低コストではじめられる

ディスプレイ広告(運用型)では、予算に応じた料金設定で実施が出来るので、少額からでも出稿できます。動画再生やサイト誘導など、広告の目的に応じて配信が最適化されます。

また、料金はクリック課金で広告がクリックされた場合のみ費用が発生するため、表示には料金はかからないのも魅力の一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ディスプレイ広告(運用型)は、低コストで多彩なターゲティングも可能ですので、初めての広告運用にもおすすめです。

また、検索広告との併用でも広告効果のアップにつなげることができるため、現在、Yahoo!広告の検索広告のみを運用中の方はこの機会にディスプレイ広告(運用型)と合わせてのご利用をおすすめします。

 

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ