リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】最新アップグレード情報(Google Ads APIのアップグレード情報と従来のAdWords APIからの移行について)

Google広告は、2021年12月にGoogle Ads API のアップグレード情報と従来のAdWords APIから Google Ads APIに移行に関するインフォメーションを発表しました。(参考:Google広告ヘルプ

本記事では、Google Ads APIに関連する概要と活用のメリットについて、Google社のリリース情報を元に紹介していきます。

Google Ads APIの概要

Google Ads APIをかんたんに説明すると、広告主様が自社で作成したアプリケーションでGoogle 広告アカウントを操作、変更できるようにする機能です。

活用することでGoogle広告サーバーでアカウントの詳細情報と直接連携するアプリケーションを、デベロッパーが作成したり使用したりできるようになります。

今回発表があったAdWords APIからGoogle Ads APIに移行することで、以下の機能をはじめとした多くの機能を利用することができるようになります。

  • 最適化案
  • パフォーマンスマックスキャンペーン
  • キーワードプランナー

すでに発表されたよう に、AdWords APIは2022年4月27日に廃止されます。新機能はGoogle Ads APIにのみ表示されることになります。

新機能については、いくつか次の項でご紹介します。

Google Ads APIの新機能について

前の項でご紹介した、AdWords APIからGoogle Ads APIへのアップグレードによって追加される新機能についてご紹介します。

最適化案

最適化案は、Google広告アカウントのパフォーマンスがどの程度設定されているかを推定したものです。最適化案を利用すると、キャンペーンの掲載結果を改善することに役立ちます。

パフォーマンスマックスキャンペーン

パフォーマンスマックスキャンペーンでは、これまでキャンペーンを分けて配信しなければならなかったものが、YouTubeやディスプレイ広告、検索広告などを横断して広告の購入と最適化が可能になる機能です。

キーワードプランナー

自社のビジネスに関連するキーワード候補を見つけ、そのキーワードに関する過去のパフォーマンスの指標を取得して、今後のパフォーマンスを予測できます。

まとめ

今回は、Google広告のアップグレード情報をご紹介しました。従来のAdWords APIは2022年4月には廃止になりますので、現在ご利用中であれば、Google Ads APIへの移行を早めに行うとよいでしょう。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事