リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告アップデート最新情報「P-MAX キャンペーン」について

今回はGoogle広告のアップデート情報をお伝えします。Google広告では2021年11月に「Googleの多彩なチャンネルを横断して広告の購入を最適化できる」P-MAXキャンペーンをリリースしました。

本記事では、P-MAXキャンペーンの概要と活用するメリットについてご紹介します。

P-MAX キャンペーンの概要

P-MAX キャンペーンは、「パフォーマンス最大化キャンペーン」の略称です。2021年11月2日(米国時間)から全世界の広告主に対して提供されています。

特徴についてGoogle広告の公式ページでは以下のように記載されています。

P-MAX キャンペーンは自動化された新しいキャンペーン タイプで、1 つのキャンペーンで Google 広告のあらゆるチャネル(YouTube、ディスプレイ、検索、Discover、Gmail、マップ)の広告枠に広告を配信できるのが特長です。

引用元:Google広告ヘルプ|Google の多彩な広告枠をフル活用できる P-MAX で目標を達成する

これまでキャンペーンを分けて配信しなければならなかったのが、YouTubeやディスプレイ広告、検索広告などを横断して広告の購入と最適化ができるようになります。

Googleのあらゆる広告枠に対して実行できるため、Google検索・GoogleMAP・YouTube・GooglePlay・GoogleDiscoverなどによるデータをうまく活用し、広告配信が可能になります。

今後機械学習がより促進することで、広告主のビジネスに対しても相乗効果的に成果を反映していく期待が高まっています。

スマートショッピングキャンペーンとローカルキャンペーンは来年にアップグレード予定

小売業者やローカルマーケティング担当者向けのスマートショッピングキャンペーンとローカルキャンペーンは来年2022年にP-MAXにアップグレードされる予定です。

以下Google広告公式ページの記載内容です。

小売業者の方や実店舗を構える広告主様は、今季の年末商戦では引き続きスマート ショッピング キャンペーンとローカル キャンペーンを活用されることをおすすめします。来年にはスマート ショッピング キャンペーンとローカル キャンペーンも P-MAX にアップグレードされ、新しい広告枠へのアクセスと売上向上にご活用いただける予定です。

引用元:Google広告広告&コマースブログ|PerformanceMaxキャンペーンがすべての広告主に開始されます

P‐MAXキャンペーンのメリット

P‐MAXキャンペーンのメリット2点について解説します。

・コンバージョンの向上が見込める
・Insightsページの一部となる為より豊富な分析情報を活用できる

コンバージョン獲得効率の改善が見込める

P-MAXキャンペーンでは、Googleのあらゆる広告枠で広く宣伝することが可能になります。

そのため、今までリーチできていなかったユーザーに配信できるようになりコンバージョン獲得の促進に繋がります。

Insightsページの一部となる為より豊富な分析情報を活用できる

P-MAXキャンペーンがInsightsページの一部になます。Insightsページでは、市場の動向を特定し、広告の掲載結果を分析することができます。

そのため、P-MAXキャンペーンにおいて「自動化がどのように機能しているか」「キャンペーンをどのように改善できるか」をより豊富な分析情報を元に把握することができます。

まとめ

今回はGoogle広告のP-MAXキャンペーンについてご紹介しました。Googleのあらゆる広告枠を一つのキャンペーンで活用できるメリットは大きいです。この機会にぜひご検討ください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事