リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告アップデート情報(過去30日間特定の広告主の広告を確認可能に)

今回はリスティング広告に役立つ[Google広告]の最新アップデート情報をご紹介します。

Googleは2021年9月22日、ユーザーが特定の広告主の過去30日以内に配信された広告が確認できる機能を追加すると発表しました。

アップデートの概要と背景

透明性の観点から今回のアップデートでは、ユーザーにYouTubeとGoogle 検索で広告が表示された際、身元確認済みの特定の広告主が過去30日以内に配信したGoogle 広告を確認可能になります。

リリース予定は、数ヶ月以内に米国内、その後2022年中には段階的に多くの国に展開されるとしています。

背景としては、広告業界で広告主の透明性をもたせる流れがあることがいえます。Googleは2020年に「広告主身元確認プログラム」を開始しました。今回の追加機能はその背景を汲み取り組まれているものになります。

※「広告主身元確認プログラム」は、Googleは広告主の個人情報(身分証明や、事業を行っている国を確認する書類など)を開示することを求めるもので、世界90カ国以上で広告主の確認を開始されています。

確認方法

リリースによると、Google 広告が表示された際に表示される「i」や「▼」をクリックし、「この広告について(About this Ad)」メニューをクリックすると、その広告主が過去30日以内に配信した複数の形式の Google 広告を確認できるようになるようです。

現状では「広告が表示された理由を確認」することや「興味のない広告の掲載をミュート」できたり、「この広告を報告」から問題のある広告を報告することが可能ですが、加えて、「その広告主が過去30日以内に配信した広告を確認できる」ようになります。

メリット

リリースでは、今回の機能追加により以下のようなメリットがあるといいます。

・ユーザーが特定の広告主について詳しく知るのに役立つ ・より簡単にポリシーに違反した広告を報告できるため、悪意のある広告主が偽った広告を出稿することを抑制できる

参考:https://blog.google/products/ads-commerce/giving-users-more-transparency-their-google-ad-experience/

リリースによると、「広告の透明性とコントロール」メニューは全世界で毎日3,000万人以上のユーザーが利用しているようです。

時流も含め、多くのユーザーの訴求に合わせた方で今回のリリースがあったと考えられます。

まとめ

今回は、Google広告のアップデート情報についてお伝えしました。日頃からインターネットを使用していると多くの広告を目にします。

身元を登録しているその広告主の広告はユーザー側にとっても安心材料となります。「透明性」というのが世界のキーワードとなっている昨今にマッチしたアップデートとなりそうです。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ