リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告の拡張コンバージョンとは?機能や仕組みを解説

拡張コンバージョンとは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能で、サードパーティCookieが利用できない場合でもコンバージョンを正確に計測する新機能としてGoogleから発表されたものです。

導入することで正確にコンバージョン測定できるようになるメリットがありますが、設定が従来のコンバージョン計測よりも複雑なので工数がかかる恐れがあるため注意が必要です。問題なく対応できる場合は基本的に設定いただくことをおすすめします。

この記事ではGoogle広告の拡張コンバージョンを導入して得られるメリットや仕組みを解説していきます。機能がよくわからないという方はぜひご一読ください!

拡張コンバージョンとは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能のこと

繰り返しになりますが、拡張コンバージョンはより正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。そのため既存のコンバージョン計測とは全く別物ではなく、機能を補完するものとなります。

仕様を簡単に説明すると、サイト上でコンバージョンした顧客の生データ(問い合わせや購入時の顧客の個人情報)をハッシュ化してGoogleに送信。その後Google広告をクリックしたときのGoogleログイン情報とコンバージョン時に送信された顧客データを照合して、一致していればコンバージョン数としてカウントするようにする機能です。

拡張コンバージョンがリリースされた背景

簡潔に言えば、サードパーティCookieのサポート終了によってコンバージョン計測に不具合を発生させないためにリリースされました。

いままではグローバルサイトタグを全ページに設置した上で、コンバージョン計測したいページにイベント スニペットを設置して、コンバージョン計測していました。

ただGoogleは2023年の後半を目処にサードパーティCookieのサポートを終了すると発表しているので、上述した計測方法ではコンバージョン計測が正確にされない懸念があります。これを回避するために、Cookieを利用せずに正確にコンバージョン計測する方法として、拡張コンバージョンがリリースされました。

拡張コンバージョンタグを設定すると、上記に加えて上述したハッシュ化してデータ照合する工程が加わります。

拡張コンバージョンの動作イメージ

ここからは拡張コンバージョンの動作イメージを紹介します。文字だけ見てもどんなことが行われるかよくわからない!という方はこちらを見てイメージを掴んでみてください。

弊社のリスティング広告レポーティングツール「Lisket」のアカウント作成をコンバージョンポイントとした時を例に説明いたします。

①ユーザーが広告をクリックした時のGoogleログイン情報をGoogleが保存

検索して表示されたGoogle広告をクリックしたタイミングで、ログインしていたGoogleログイン情報をGoogleが保存します。

②ユーザーがサイト上のフォームからコンバージョンする

コンバージョン時の顧客情報をGoogleに送信されます。

③Googleは①のGoogleアカウント情報と②の顧客情報を照合する

送信されたタイミングで、Googleアカウント情報と顧客情報を照合し、コンバージョン計測が行われます。詳細を記載すると

  1. ①のときログインしていたGoogleアカウント情報をsha256という方式で暗号化。データ例:xxyyzzcc
  2. ②のとき顧客がサイト上のフォームに入力した個人情報をsha256という方式で暗号化。データ例:xxyyzzcc
  3. 上記1.2で暗号化したデータが一致していれば、コンバージョンしたとみなし、CV数を+1する。今回はデータxxyyzzccが一致しているのでコンバージョンを計上。

という流れで計測されるようになります。

注意点として、Google広告のヘルプに以下のように記載があるため、詳しい個人情報が取れるフォームでないとうまく動作しない可能性があります。
注: 拡張コンバージョンは、登録、申し込み、購入など、顧客データが存在するコンバージョンの種類でのみ機能します。次の 1 つ以上の顧客データが取得可能である必要があります。メールアドレス(推奨)
氏名と自宅の住所(番地、市区郡、都道府県、および郵便番号)
電話番号(上記のいずれかの補足情報として使用することができます)

拡張コンバージョンの設定方法

最後に拡張コンバージョンの設定方法を2つ紹介します。

今回はGoogleタグマネージャーを使用してコンバージョントラッキングを行っている場合を想定しています。

拡張コンバージョン(自動収集)

メールアドレス・名前・電話番号のような必要な個人情報の入力欄を自動判別してコンバージョンした顧客データとして送るデータを決めてくれる方法です。

設定する流れは以下の通りです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. アカウントの右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[測定] の [コンバージョン] をクリックします。
  3. 拡張コンバージョンの設定に使用するコンバージョン アクションを開きます。
  4. 下部の [拡張コンバージョン] で、[拡張コンバージョンをオンにします] をクリックします。
  5. コンプライアンスに関する注意に対して [同意する] をクリックします。拡張コンバージョンを有効にすると、Google のポリシーを遵守することを確認したことになります。Google 広告データ処理規約は、拡張コンバージョンを使用した場合に適用されます。
  6. [URL を確認する] をクリックして、ウェブサイトで Google タグを確認します。
    [タグの種類] は、このコンバージョン アクションに対するコンバージョン トラッキングの方法に合わせて、デフォルトで [Google タグ マネージャー] に設定されています。
  7. [保存] をクリックします。

詳細は以下ヘルプページをご確認ください。
Google タグ マネージャーを使った拡張コンバージョンの手動導入(ベータ版)

注意点として拡張コンバージョンはベータ機能ですので、すべてのアカウントで利用できるわけではありません。「4項目」のONができない場合があります。

拡張コンバージョン(手動)

HTMLのidやclass属性を利用して、フォーム上のどれが必要な個人情報に当たるデータの入力欄かを指定する方法です。こちらはタグマネージャー上で細かい設定が必要ですので、キャプチャつきで解説します。

①GTMの変数として、CV時に入力される個人情報が入力されるinput,textareaの情報を登録する

まずGTMの変数として、CV時に入力される個人情報が入力されるinput,textareaの情報を登録します。HTML要素のidまたはcssセレクタで指定可能です。

②ユーザー提供データの変数を定義し、Manual configurationの各個人情報項目に①で定義した各個人情報項目の変数を指定していく。

2021年の10月時点の利用可能な項目は、メール・電話番号・名・姓・住所(国〜番地までの細分化された項目)となっています。

たとえばメールアドレスを cv_customer_email という変数名で定義してある場合は、「メール」に {{cv_customer_email}} を選択しましょう。

③変数を保存してからGTM上でGoogle広告のCVタグ設定フォームに行き、「自社のウェブサイトでユーザーから提供されたデータを含める」をONにし、Select user-provided-data variable のセレクトで①で作ったユーザー提供データの変数を選ぶ。

最後に見出しの設定を行い、保存すれば設定完了です。

まとめ

拡張コンバージョンとは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能で、サードパーティCookieが利用できない場合でもコンバージョンを正確に計測する新機能としてGoogleから発表されたものです。

設定が従来のコンバージョン計測よりも複雑なので工数がかかる恐れがあるため注意が必要です。問題なく対応できる場合は基本的に設定いただくことをおすすめします。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ